Sunday, January 19, 2020
Saracen’s Kruis: Legal cannabis gave me a lift in the World Cup. Now it’s my £300,000 business

Saracen’s Kruis: Legal cannabis gave me a lift in the World Cup. Now it’s...

George Kruis wins the ball in the lineout during the Rugby World Cup 2019 England rugby player George Kruis used cannabis oil during the World Cup to help him sleep better. He also says the best money decision he ever made was setting up a cannabis oil company to provide him with an income in retirement.Kruis…
日本の快進撃にデクラークの躍動、W杯に沸いた2019年のラグビー界

日本の快進撃にデクラークの躍動、W杯に沸いた2019年のラグビー界

2019年12月26日 8:08 発信地:パリ/フランス 【12月26日 AFP】2019年のラグビー界では、秋にW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)が開催され、ファフ・デクラーク(Faf de Klerk)にけん引された南アフリカが3回目の優勝を果たした。また日本が予想以上の快進撃を見せ、史上初のベスト8入りを達成したことも大会を盛り上げた。AFPは今回、五つの項目で2019年のラグビー界をまとめた。 ■AFPが選ぶ年間最優秀チーム 南アフリカ  ラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)が立て直し、代表史上初の黒人主将、シヤ・コリシ(Siya Kolisi)に導かれた多文化チームのスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)は、決勝トーナメントで日本とウェールズを撃破して決勝へ勝ち上がると、イングランド相手に32-12の完勝を収めてウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup、W杯の優勝トロフィー)を掲げた。  チームの戦い方は、フォワードの馬力と中央の混戦での強さを生かしつつ、ボールを前に蹴り出して相手に強烈なプレッシャーをかけ、隙があればマカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)とチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)の両翼のスピードを生かすというシンプルなものだった。 ■AFPが選ぶ年間最優秀選手 ファフ・デクラーク  大柄な選手の存在感が高まっているラグビー界にあって、W杯で見せた活躍は、小柄なデクラークにとっては一つの勝利だろう。イングランドプレミアシップのセール・シャークス(Sale Sharks)でプレーするデクラークは、2019年に飛躍のシーズンを過ごした。  ワールドラグビー(World Rugby)が選出する年間最優秀選手の座はチームメートのピーター・ステフ・デュトイ(Pieter-Steph Du Toit)に譲ったが、デクラークはナンバー8のドウェイン・フェルミューレン(Duane Vermeulen)、SOハンドレ・ポラード(Handre Pollard)、「ビースト(野獣)」ことPRテンダイ・ムタワリラ(Tendai Mtawarira)のベテラン勢にも支えられながら、活発に動き回ってチームをけん引した。  風にたなびくブロンドが目を引くデクラークは、洗練されたキック技術を披露したほか、ラック周辺でも厄介な存在となり、相手の守備陣を翻弄(ほんろう)した。身長172センチ、体重88キロとラグビー選手としては小柄だが、特に守備で体格差を補う勇敢さを持ち、ウェールズ戦で巨漢LOのジェイク・ボール(Jake Ball)とつかみ合った光景は大会のハイライトの一つになった。決勝後の控室で、パンツ一丁で英国のヘンリー王子(Prince Harry)と対面した場面も話題を呼んだ。 ■AFPが選ぶ年間ベストゲーム W杯準決勝・イングランド対ニュージーランド戦  オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)は日本大会でW杯3連覇を狙ったが、準決勝で彼らの前に立ちはだかったのが、歴史に残るプレーを披露し、19-7の衝撃的な勝利を収めたイングランドだった。  マヌ・ツイランギ(Manu Tuilagi)が早々に先制トライを決めたイングランドは、先発復帰したジョージ・フォード(George Ford)の4本のペナルティーゴール(PG)で加点。アーディ・サヴェア(Ardie Savea)にトライを返されたが逃げ切り、W杯では2007年大会準々決勝のフランス以来、12年ぶりにニュージーランドに土をつけた。  横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)で行われたこの一戦には、ラグビーのあらゆる魅力が詰まっていた。試合はニュージーランド伝統の「ハカ(Haka)」を披露するオールブラックスをイングランドの選手がハーフウエーラインを越えて包囲する光景から幕を開けると、序盤はフォードの指示の下、コートニー・ロウズ(Courtney Lawes)やマロ・イトジェ(Maro Itoje)らフォワード陣が奮闘するイングランドが敵陣でボールを圧倒的に保持。まさかの展
日本の快進撃にデクラークの躍動、W杯に沸いた2019年のラグビー界

日本の快進撃にデクラークの躍動、W杯に沸いた2019年のラグビー界

写真拡大 【AFP=時事】2019年のラグビー界では、秋にW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)が開催され、ファフ・デクラーク(Faf de Klerk)にけん引された南アフリカが3回目の優勝を果たした。また日本が予想以上の快進撃を見せ、史上初のベスト8入りを達成したことも大会を盛り上げた。AFPは今回、五つの項目で2019年のラグビー界をまとめた。■AFPが選ぶ年間最優秀チーム 南アフリカ ラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)が立て直し、代表史上初の黒人主将、シヤ・コリシ(Siya Kolisi)に導かれた多文化チームのスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)は、決勝トーナメントで日本とウェールズを撃破して決勝へ勝ち上がると、イングランド相手に32-12の完勝を収めてウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup、W杯の優勝トロフィー)を掲げた。 チームの戦い方は、フォワードの馬力と中央の混戦での強さを生かしつつ、ボールを前に蹴り出して相手に強烈なプレッシャーをかけ、隙があればマカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)とチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)の両翼のスピードを生かすというシンプルなものだった。■AFPが選ぶ年間最優秀選手 ファフ・デクラーク 大柄な選手の存在感が高まっているラグビー界にあって、W杯で見せた活躍は、小柄なデクラークにとっては一つの勝利だろう。イングランドプレミアシップのセール・シャークス(Sale Sharks)でプレーするデクラークは、2019年に飛躍のシーズンを過ごした。 ワールドラグビー(World Rugby)が選出する年間最優秀選手の座はチームメートのピーター・ステフ・デュトイ(Pieter-Steph Du Toit)に譲ったが、デクラークはナンバー8のドウェイン・フェルミューレン(Duane Vermeulen)、SOハンドレ・ポラード(Handre Pollard)、「ビースト(野獣)」ことPRテンダイ・ムタワリラ(Tendai Mtawarira)のベテラン勢にも支えられながら、活発に動き回ってチームをけん引した。 風にたなびくブロンドが目を引くデクラークは、洗練されたキック技術を披露したほか、ラック周辺でも厄介な存在となり、相手の守備陣を翻弄(ほんろう)した。身長172センチ、体重88キロとラグビー選手としては小柄だが、特に守備で体格差を補う勇敢さを持ち、ウェールズ戦で巨漢LOのジェイク・ボール(Jake Ball)とつかみ合った光景は大会のハイライトの一つになった。決勝後の控室で、パンツ一丁で英国のヘンリー王子(Prince Harry)と対面した場面も話題を呼んだ。■AFPが選ぶ年間ベストゲーム W杯準決勝・イングランド対ニュージーランド戦 オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)は日本大会でW杯3連覇を狙ったが、準決勝で彼らの前に立ちはだかったのが、歴史に残るプレーを披露し、19-7の衝撃的な勝利を収めたイングランドだった。 マヌ・ツイランギ(Manu Tuilagi)が早々に先制トライを決めたイングランドは、先発復帰したジョージ・フォード(George Ford)の4本のペナルティーゴール(PG)で加点。アーディ・サヴェア(Ardie Savea)にトライを返されたが逃げ切り、W杯では2007年大会準々決勝のフランス以来、12年ぶりにニュージーランドに土をつけた。 横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)で行われたこの一戦には、ラグビーのあらゆる魅力が詰まっていた。試合はニュージーランド伝統の「ハカ(Haka)」を披露するオールブラックスをイングランドの選手がハーフウエーラインを越えて包囲する光景から幕を開けると、序盤はフォードの指示の下、コートニー・ロウズ(Courtney Lawes)やマロ・イトジェ(Maro Itoje)らフォワード陣が奮闘するイングランドが敵陣でボールを圧倒的に保持。まさかの展開に観客も席から身を乗り出した。 サム・アンダーヒル(Sam Underhill)がジョーディー・バレット(Jordie Barrett)へ激しいタックルを浴びせてボールを奪い、その後のPG獲得につなげた場面は、エディー・ジョーンズ(Eddie Jones)HCが率いるイングランドが、攻撃が機能しないニュージーランドに対して心理的に優位に立っていたことを象徴していた。■AFPが選ぶ年間最躍進チーム 日本 2015年のW杯イングランド大会で南アフリカを破り、ファンの期待が高まっていたことは、開催国としてW杯に臨む日本にとっては後押しでもあり、同時に重圧でもあった。 それでも日本は、アイルランドを破って見事に期待に応えると、台風19号(アジア名:ハギビス、Hagibis)の直撃によ
Alaphilippe, Agbegnenou, les Bleues du foot… Les sportives et sportifs français qui ont marqué 2019

Alaphilippe, Agbegnenou, les Bleues du foot… Les sportives et sportifs français qui ont marqué...

Sport Les cyclistes flamboyants sur le Tour de France, les judokates en or, les basketteurs qui éliminent les Américains mais s’arrêtent en demi-finales, l’athlétisme en souffrance… Le bilan de l’année sportive française. Publié aujourd’hui à 06h00 Temps de Lecture 6 min. Tour de France : 2019, c’était le Tour de transe Judo : les filles dominent le…
国立競技場でオープニングイベント、ボルト氏らトラック駆ける

国立競技場でオープニングイベント、ボルト氏らトラック駆ける

写真拡大 【AFP=時事】2020年東京五輪の開会式まで7か月となった21日、大会のメイン会場となる新しい国立競技場(Japan National Stadium)でオープニングイベントが行われ、元陸上男子短距離のウサイン・ボルト(Usain Bolt)氏らが登場した。競技場の一般向けの公開はこの日が初めて。 ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)の選手入場を思い出させるような和太鼓のパフォーマンスで始まったイベントには、人気アイドルグループ「嵐(Arashi)」やラグビー日本代表主将のリーチマイケル(Michael Leitch)も参加し、この日一番の声援を浴びた。 パラアスリートらとのエキシビションレースで200メートルを駆け抜けたボルト氏は「たくさんの人々の前で走れて最高の経験ができた。五輪には出ないから走れてうれしかった」とコメント。現役復帰の可能性については「戻ってくるかって? ないよ」と完全否定した。「今ちょっと走っただけで体が痛いくらいだ」とジョークを飛ばしたスーパースターは、一ファンとして初めて五輪に参加することを楽しみにしていると付け加えた。 伝統的な和のデザインが取り入れられた隈研吾(Kengo Kuma)氏設計の国立競技場は6万人の収容人数を誇り、東京の真夏に耐えられるよう多くの暑さ対策が施されている。最上部のひさしは日差しや雨を遮り、スタジアム内に風を取り込むよう設計された。他にも8か所にミスト冷却設備、気流創出ファン185台、空調付き休憩室16室が設置されているという。 新国立競技場で行われる初のスポーツ公式戦は、元日開催のサッカー天皇杯(The 99th Emperor's Cup)決勝となる。【翻訳編集】AFPBB News■関連記事・東京五輪・パラの最終予算は1兆3500億円、大会組織委・早過ぎた東京2020、13歳空手少女が抱く五輪の夢・ボルト氏がサッカー転向の夢を断念 「スポーツ人生は終わり」
レイドローが代表引退を表明、主将としてスコットランドを引っ張る

レイドローが代表引退を表明、主将としてスコットランドを引っ張る

写真拡大 【AFP=時事】ラグビースコットランド代表でキャプテンとしての最多出場記録を持つSHグレイグ・レイドロー(Greig Laidlaw)が19日、代表からの引退を発表し、その決断について「信じられないほど難しい」ものだったと語った。 2010年10月の代表デビュー以降、76キャップを誇る34歳のレイドローは39試合で主将を務め、これまでに記録した計714得点は同代表史上2番目の数字となっている。 スコットランドはW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)でプールステージ敗退という期待外れの結果に終わり、大会後には元キャプテンのFLジョン・バークレー(John Barclay)やWTBトミー・シーモア(Tommy Seymour)が代表引退を発表していたが、フランスリーグ・トップ14のクレルモン・オーヴェルニュ(Clermont Auvergne)に所属するレイドローもそれに続いた。 スコットランドラグビー協会(SRU)が公開した発表文の中で、レイドローは「この決断は気持ちの面で信じられないほど難しいものだったが、私が代表チームでのプレーから学んだことや現在のチームの立ち位置をよく考えると、まっとうな判断だ」と記した。「主将として母国を勝利に導くことは、子どものころからの夢だった」「ラグビーファミリーと共に緊張感で満たされたあのトンネルに立ち、マレーフィールド(Murrayfield)のピッチにチームメートを先導して立つことが二度とないというのは、信じられないほど難しい」 2013年の南アフリカ戦で初めてスコットランドのキャプテンを務めたレイドローは、2023年に行われるW杯フランス大会(Rugby World Cup 2023)に向け、グレガー・タウンセンド(Gregor Townsend)ヘッドコーチ(HC)にチームを新たに強化する機会を与えるには、自身のような選手が代表チームから離れるのが合理的だと語った。「心と体はプレーできる状態だが、自分の頭はチームを再建させるときだと言っている」「スコットランドの現在地という点では、前に進む時期に来ている」 現役引退後にはビジネス界への転身を心に描いているレイドローに対し、タウンセンドHCはこれ以上ないほどの敬意を表した。「スタンドオフ(SO)として代表でのキャリアをスタートさせ、その後9番(スクラムハーフ)のジャージーをつかんだことは、彼がどれほど並外れたラグビー選手であるか、またスコットランドにとってどれほど偉大なプレーヤーだったかを示している」「多くの試合でキャプテンを務めることで、まさに彼は歴代の主将の中でも最も偉大な選手の一人に
Japan Hotel Market Analysis to 2025: The Mid-scale Hotel Market Dominates in Japan

Japan Hotel Market Analysis to 2025: The Mid-scale Hotel Market Dominates in Japan

"Japan Hotel Market, Volume & Forecast by Type, Ordering Platform (Online, Offline), Region, Hotel/Company" report has been added to ResearchAndMarkets.com's offering.Research and Markets LogoJapan's Hotel Market is expected to be 26.8 Billion by the end of the year 2025.Japan hotel industry has grown considerably in recent years, as the demand for hotel rooms is rising…
5 years of monthly donations

5 years of monthly donations

Refugee Action as his charity of choice.These guys help to build safe, happy and productive lives for refugees in the UK, enabling survivors of some of the world’s worst regimes to live with dignity once more. A worthy cause, fighting for a very real, sad and global issue.February – Remembering SrebrenicaOne of the ladies from…
Japan Hotel Market Analysis to 2025: The Mid-scale Hotel Market Dominates in Japan

Japan Hotel Market Analysis to 2025: The Mid-scale Hotel Market Dominates in Japan

DUBLIN, Dec. 19, 2019 /PRNewswire/ -- The "Japan Hotel Market, Volume & Forecast by Type, Ordering Platform (Online, Offline), Region, Hotel/Company" report has been added to ResearchAndMarkets.com's offering. Japan's Hotel Market is expected to be 26.8 Billion by the end of the year 2025. Japan hotel industry has grown considerably in recent years, as the…
脳振とう交代のイングランド代表、ラグビーW杯決勝が「思い出せない」

脳振とう交代のイングランド代表、ラグビーW杯決勝が「思い出せない」

2019年12月19日 12:42 発信地:ロンドン/英国 【12月19日 AFP】先月のラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝で脳振とうを起こして途中交代したイングランド代表のPRカイル・シンクラー(Kyle Sinckler)は18日、ベンチから試合を最後まで見届けたものの、その記憶が全くないと明かした。  シンクラーは自分の足で歩いてベンチに下がり、イングランドが南アフリカに12-32で敗れた決勝を見届けたが、脳振とうの影響で試合を思い出すことができないと認めている。  まだ試合を見返していないというシンクラーは、英PA通信(Press Association)に対し「あの決勝から立ち直るのには3、4週間かかった。どん底だった」とコメントした。 「準決勝の直前にふくらはぎを負傷したので難しかった。状態はかなり悪く、満足に歩けないほどだった」「回復している最中だったが