Saturday, December 7, 2019
Scottish Rugby fined and told to write ‘meaningful apology’ by World Rugby

Scottish Rugby fined and told to write ‘meaningful apology’ by World Rugby

Scottish Rugby have been fined and have been told to write a 'meaningful apology' by World Rugby following their comments during the Rugby World Cup preceding Typhoon Hagibis disruption of the tournament. The punishment arises out of comments made by SRU Chief Mark Dodson in the UK Telegraph newspaper, the BBC Radio 4 Today programme,…
Rugby World Cup 2019: From best team to best Steve-ism, here are the end-of-tournament awards – Stuff.co.nz

Rugby World Cup 2019: From best team to best Steve-ism, here are the end-of-tournament...

CANONAmazing footage of Springboks wing Cheslin Kolbe's RWC final try.It's finally over. The Springboks are world champions for the third time, the All Blacks return home the nearly men and England are still wondering what went wrong in the final. Here, then, are Stuff's own awards from the ninth edition of the Rugby World Cup:…
Warrior ‘Flo’ Calls Time On Springbok Career

Warrior ‘Flo’ Calls Time On Springbok Career

Cape Town — Rugby World Cup -winning Springbok backrow forward, Francois Louw , has called time on an outstanding international career. The 34-year-old made the announcement after capping a ten-year Test journey with a winner's medal in Saturday's 32-12 victory over England at Rugby World Cup 2019 in Japan. Louw, affectionately known as "Flo'" made…
W杯8強の大躍進、日本ラグビーに待つ明るい未来

W杯8強の大躍進、日本ラグビーに待つ明るい未来

写真拡大 【AFP=時事】日本代表が、史上初のベスト8に躍進したラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)。かつて強豪国のかませ犬でしかなかった日本は、今回の快進撃を通じて世界と真剣勝負ができるチームであることを示し、今はこの成功を次につなげようとしている。 W杯開催国の日本は、突破のオッズが50対1という下馬評を見事に覆し、プールステージ4戦全勝を達成。その途上では、欧州6か国対抗戦シックスネーションズ(Six Nations)にも参加している強豪アイルランドとスコットランドを撃破し、史上初めて決勝トーナメントに進出した。 準々決勝では後に大会を制覇する南アフリカに3-26で完敗したものの、アジアのチームでは初、ティア2国では2007年のフィジー以来のベスト8入りという、ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)ヘッドコーチ(HC)が率いるブレイブブロッサムズ(Brave Blossoms、日本代表の愛称)の快挙が色あせることはない。 日本はエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)前HCに率いられていた4年前にも、南アフリカ相手に34-32の金星を挙げるなどプールステージ3勝を記録し、ジョーンズ前HC自身がかつて「ネタ枠」と語ったチームとしては大健闘と言える成績を残したが、その盛り上がりをラグビー人気定着につなげられなかった。 そのため日本ラグビーの関係者は、そのときの二の舞いは絶対に避け、野球がスポーツシーンの主役の日本で生まれたラグビーブームを生かさなくてはならないと決意を燃やしている。 日本人にはミーハーなところがあると言われる。サッカー元イングランド代表のスター選手、デビッド・ベッカム(David Beckham)氏の人気がピークだった頃には、チョコレートで作った等身大のベッカム像が東京に姿を見せたし、今回のW杯でも、もともと知名度の高かったオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)が日本のファンに「セカンドチーム」として受け入れられ、広告看板やテレビCMにも多く起用された。 しかし今回のラグビー熱は、一段上のレベルに達している。新聞の紙面には歴史をつくった日本の英雄たちの写真が躍り、ジョセフHCが「フェラーリ(Ferrari)」と称した快速ウインガーの福岡堅樹(Kenki Fukuoka)や松島幸太朗(Kotaro Matsushima)も連日見出しを飾った。 主将としてチームを支えたリーチマイケル(Michael Leitch)も、「チームの伸びしろは怖いくらい」「あとは強くなるだけ」と話している。ニュージーランドに17-145で大敗した、1995年のW杯南アフリカ大会とは隔世の感のある言葉だ。■強豪国のレジェンドも称賛 2007年のW杯を制した南アフリカのレジェンド、ブライアン・ハバナ(Bryan Habana)氏も「日本ラグビーの成長は見事だ」と話している。「この大会の彼らの快進撃は本当に飛びぬけていた。勝ったことだけでなく、勝ち方も素晴らしかった」「あのとき覚えた感情と雰囲気を全部集めて、ボトルに詰めたかったくらいだよ」 ニュージーランドの26倍以上にあたる1億2600万の人口を誇る日本だが、ラグビーの登録選手数は10万人に満たず、ラグビーをプレーしている10代は全体の2パーセントにも届かない。 またトップリーグでは、高額の報酬に誘われてソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams)やダン・カーター(Dan Carter)、ジョージ・グレーガン(George Gregan)といった大御所がプレーし、新シーズンからはW杯限りで代表を退いたオールブラックス前主将のキーラン・リード(Keiran Read)、オーストラリア代表のウィル・ゲニア(Will Genia)らも参戦するが、ビッグネームが続々とやって来る中で、昨季の平均観客動員はわずか約5000人だった。しかし変化の兆しも見られ、東京のラグビースクールには代表の活躍を見た子どもたちが殺到しているという。 W杯での快進撃で、日本の世界ランキングも一時6位にまで上がり、ニュージーランドと南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンで争う南半球4か国対抗戦、ザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship)に日本を招待する話も持ち上がっている。元イングランド代表主将のローレンス・ダラーリオ(Lawrence Dallaglio)氏も、日本
デュトイが最優秀選手、南アが主要3部門制覇 WR年間表彰

デュトイが最優秀選手、南アが主要3部門制覇 WR年間表彰

写真拡大 【AFP=時事】ワールドラグビー(World Rugby)は3日、都内で年間表彰を行い、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を制した南アフリカのFLピーター・ステフ・デュトイ(Pieter-Steph Du Toit)が最優秀選手に選出された。 最優秀監督にはラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)、最優秀チームには南アフリカが選出され、2日のW杯決勝で通算3回目のウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup、W杯の優勝トロフィー)を獲得したスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)が主要3部門を総なめにした。 デュトイはクラブレベルでは国内のウェスタン・プロヴィンス(Western Province)でプレーし、代表では55キャップを持つ27歳。W杯でもチームの主軸を担い、特にブレークダウンで効いていた他、決勝のイングランド戦でも相手の強力なバックローとの争いに勝利した。 受賞に際しては「本当に光栄だ」「国に戻ったら信じられない体験ができると思う。待ちきれないし、国が恋しいよ」とコメントした。 デュトイはチームメートのチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)やニュージーランドのアーディ・サヴェア(Ardie Savea)、イングランドの若手トム・カリー(Tom Curry)といった他候補を抑えての受賞となった。 最優秀チームにはW杯、さらには南半球4か国対抗戦のザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship 2019)で2009年以来の優勝を飾った南アフリカ、また最優秀監督はチームを2冠に導いたエラスムスHCが選ばれた。 エラスムスHCは2017年末にラグビーディレクターとして代表に入閣。それからほどなく、25戦で12敗と結果が出なかったアリスター・クッツェー(Allister Coetzee)前HCが解任されたことを受け、ヘッドコーチにも就任すると、短期間でチームを見事に立て直し、最終的にはW杯制覇を実現した。 最優秀新人には、準々決勝に進出したフランスで輝きを放ったロマン・ヌタマック(Romain Ntamack)を選出。年間最優秀トライには、W杯のナミビア戦でオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表)のTJ・ペレナラ(TJ Perenara)が決めた鮮烈なトライが選ばれた。 女子の年間最優秀選手には、イングランド代表として女子シックスネーションズ(Women's Six Nations Rug
スコットランドがラグビーW杯不適切発言に「遺憾の意」、罰金受け入れ

スコットランドがラグビーW杯不適切発言に「遺憾の意」、罰金受け入れ

写真拡大 【AFP=時事】ワールドラグビー(World Rugby)は14日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)中の発言について7万ポンド(約980万円)の罰金を科されていたスコットランドラグビー協会(SRU)がこの処分を受け入れるとともに、「遺憾の意を表明した」と発表した。SRUは大会期間中、台風19号(アジア名:ハギビス、Hagibis)の影響でプールステージの最終戦が中止になった場合、法的措置も辞さないとコメントしていた。 日本戦が中止になって0-0の引き分け扱いとなれば決勝トーナメントに進めないことから、スコットランドは何としても試合の開催を望んでいた。 SRUのマーク・ドッドソン(Mark Dodson)最高経営責任者(CEO)は、スコットランドが台風19号の「巻き添え被害」を受けるわけにはいかないと発言し、試合が開催されなかった場合は法的措置を検討していると話していた。台風19号は日本史上最大クラスの勢力となり、80人以上が亡くなった。 結果的に試合は10月13日に行われ、日本が28-21で勝利しプール首位通過を果たしたのに対し、スコットランドは史上2度目のプールステージ敗退が決まった。 ワールドラグビーは当時、SRU側のコメントは「不適切で思慮に欠ける」ものだと述べていた。 この日、発表文の中でワールドラグビーは「スコットランドラグビー協会が遺憾の意を表明し、この件についてこれ以上ワールドラグビーに異議申し立てを行わないと確認したことを発表する」と記した。「スコットランドラグビー協会は、ワールドラグビーに7万ポンドの寄付金を支払うことに同意し、この件は解決した」 【翻訳編集】AFPBB News■関連記事・スコットランド協会に罰金処分、台風めぐる不適切発言で・スコットランド協会、台風めぐる発言の検証開始でWRに疑問呈す・スコットランドの台風めぐる発言を検証へ、法的措置示唆にWR「残念」
南ア主将コリシが故郷凱旋、少年時代の恩師は感慨

南ア主将コリシが故郷凱旋、少年時代の恩師は感慨

写真拡大 【AFP=時事】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を制したスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)の優勝パレードが、10日で4日目を迎え、故郷に凱旋(がいせん)した主将のシヤ・コリシ(Siya Kolisi)は、オープントップバスの上からトロフィーを掲げた。 この日のパレードは、ポートエリザベス(Port Elizabeth)の黒人居住区(タウンシップ)を通った。コリシは、ポートエリザベス郊外のズウィデ(Zwide)にある砂利のスポーツ場で初めてラグビーボールを握った。 曇り空の下、パレードに駆け付けた人の中には、後に南アフリカ代表になるコリシの小学校時代の先生で、同選手に初めてラグビーを教えたエリック・ソングウィキ(Eric Songwiqi)さんの姿もあった。 ソングウィキさんはAFPに対し、小学生時代のコリシについて「お昼休みになると、子どもたちはさっさと食事を済ませて、私のところにラグビーボールを借りにきていた」「シヤは小柄で脚は細かったが、力強かったのを覚えている。ボールを持った時にあふれ出る情熱はものすごかった」と話した。「この子は一生懸命だし、礼儀正しくしっかりとしていて、ラグビーに対する情熱も素晴らしいから絶対に成功すると思っていた」「彼がスプリングボクスのキャプテンを務めていることに驚きはない。まだ12歳だったが、彼のリーダーとしての素質は分かっていた」「自分の教え子が頑張っていて本当にうれしい。彼がウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup、W杯の優勝トロフィー)を掲げた時は、自分もその一部を担ったんだと感じた」 7日から始まった南アフリカ代表の優勝パレードは、11日にケープタウンで最終日を迎える。【翻訳編集】AFPBB News■関連記事・ディズニーランド行ってからW杯! 南ア主将コリシの父が海外初体験・スプリングボクスの「野獣」ムタワリラが代表引退を表明・W杯優勝の南アフリカ代表が帰国、英雄の凱旋にファン絶叫
W杯決勝の起用ミスを認めるエディーHC、イングランドの「強豪」化に意欲

W杯決勝の起用ミスを認めるエディーHC、イングランドの「強豪」化に意欲

写真拡大 【AFP=時事】ラグビーイングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)が、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝でのメンバー選考のミスを認めつつ、チームを「世界の強豪」にしたいと今後の目標を語っている。 普段はあまりミスを認めるタイプではないジョーンズHCだが、南アフリカに12-32で完敗したW杯決勝については、ヘンリー・スレイド(Henry Slade)とジョー・マラー(Joe Marler)ではなく、ジョージ・フォード(George Ford)とマコ・ヴニポラ(Mako Vunipola)を先発で起用した自身の判断が敗因の一端だったと考えている。 英紙タイムズ(The Times)で連載され、自叙伝「My Life and Rugby」として間もなく刊行される文章の中で、ジョーンズHCは「オーストラリア戦とニュージーランド戦では私が正しかったが、結果が示す通り、4年のサイクルで最も重要な試合で、私はひどい過ちを犯した」「反省は素晴らしい教師だ」と話している。 それでもジョーンズHCは、2015年のW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)で屈辱的なプールステージ敗退に終わったイングランドを見事に復活させ、準決勝では大会2連覇中だったニュージーランドに完勝を収めた。そのことは代表指揮官を続ける大きなモチベーションになったが、ジョーンズHCは代表との2021年までの契約を全うする意思は示す一方で、2023年の次回W杯(Rugby World Cup 2023)まで契約を延長するかについては明言を避けている。「あと2年間は間違いなくイングランドのコーチを続ける」「契約は2021年までだ。この若いチームがどんなことを成し遂げられるか、私も非常に楽しみにしている」「ポテンシャルはすさまじく大きい。彼らは素晴らしいラグビー選手というだけでなく、人としても優れた人格を備えている」「この先2年間も違いを生み出し続けることができると信じている。われわれは世界の強豪になりたい」「その後のこと? そのときになれば分かる。今はまだ知るには早すぎるから、喜んで一時停止ボタンを押そう」 ジョーンズHCは、長いキャリアでもとりわけ会心の勝利が四つあると話し、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)戦の他に、日本代表を率いた2015年大会で南アフリカ相手に挙げた歴史的金星などを挙げている。 そして59歳の指揮官は、自身の代表監督としての日々が終わりに近づきつつあることを認め、「トップレベルの代表指揮官として、その時が刻々と近づいているのは分かっている」「しかしイングランドを指

https://friendsearch.biz   https://maillots-de-bain-shop.com   https://sportgaststaette-erlabrunn.de   https://boutiqueanimalerie.com   https://d-c-k.fr   https://www.lecordonniermalchausse.fr/   https://www.terrafestival.org/   https://videohq.tv   https://www.rugby-247.com   https://www.heardlawoffices.com