Friday, January 24, 2020
英ヘンリー王子、ラグビーW杯決勝を観戦 秋篠宮さまご夫妻と談笑

英ヘンリー王子、ラグビーW杯決勝を観戦 秋篠宮さまご夫妻と談笑

このニュースをシェア 画像作成中 この写真にはショッキングな表現、または18歳以上の年齢制限の対象となる内容が含まれます。ご覧になる場合にはご了承の上、クリックしてください。 この画像を見る ❯ {{photo.ind}}/15 画像作成中 {{photo.ind}}/15 画像作成中 ! 【11月2日 AFP】イングランドラグビー協会(RFU)の名誉総裁を務めるヘンリー王子(Prince Harry)が2日、ラグビーW杯日本大会(
ブラウンコーチ、ジョセフHCとタッグ継続へ NZ指揮官候補の打診に断り

ブラウンコーチ、ジョセフHCとタッグ継続へ NZ指揮官候補の打診に断り

2019年11月6日 11:12 発信地:ウェリントン/ニュージーランド 【11月6日 AFP】ラグビーW杯(Rugby World Cup 2019)で史上初の8強入りを果たした日本代表で、ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)ヘッドコーチ(HC)の参謀を務めたトニー・ブラウン(Tony Brown)コーチが、ニュージーランドの次期指揮官の有力候補といわれる2人からのコーチ就任の打診に断りを入れたことが分かった。 【写真特集】ラグビー日本代表初の8強、W杯日本大会の軌跡  ブラウンコーチは、ニュージーランド代表へ行くのはジョセフHCがオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)の指揮官に就任した場合だけだと話している。日本を歴史的なW杯8強に導いたジョセフHCは、オールブラックスの指揮官に名乗りを上げるかどうかをまだ正式に表明しておらず、ブラウンコーチは「その時が来れば」二人で代表を指導したいと話している。  オールブラックスでは、スティーブ・ハンセン(Steve Hansen)HCが3位で終えたW杯限りで退任し、後任についてさまざまな臆測が飛び交っている。ニュージーランドラグビー協会(NZR)は6日、クリスマス前の決着を目指して後任探しに正式に着手。ブラント・インペイ(Brent Impey)会長が「ニュージーランドのプロラグビーの環境に精通した少数の指導者」に立候補を歓迎する旨を伝えたことを明かした。  その中でブラウンコーチは国内のテレビ番組に出演し、現在オールブラックスでアシスタントを務めるイアン・フォスター(Ian Foster)氏、そしてクルセイダーズ(Crusaders)でスーパーラグビー(Super Rugby)3連覇を達成したスコット・ロバートソン(Scott Robertson)HCからのコーチ就任の打診を断ったことを明かした。 「これからもジェイミーと一緒にやっていくことに決めた。もし彼が立候補するなら僕も一緒だし、日本に残るなら一緒に残る」  元
Il Sudafrica ha vinto la Coppa del Mondo di rugby

Il Sudafrica ha vinto la Coppa del Mondo di rugby

Il capitano sudafricano Siya Kolisi alza la Coppa del Mondo a Yokohama (David Rogers/Getty Images) Sport sabato 2 novembre 2019 Ha battuto 32-12 l'Inghilterra vincendo il titolo mondiale per la terza volta nella sua storia, la prima con un capitano nero Il capitano sudafricano Siya Kolisi alza la Coppa del Mondo a Yokohama (David Rogers/Getty…
南アの優勝パレードツアー終了、終着地はマンデラ氏ゆかりの地

南アの優勝パレードツアー終了、終着地はマンデラ氏ゆかりの地

2019年11月12日 10:44 発信地:ケープタウン/南アフリカ 【11月12日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を制したスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)の優勝パレードが、11日に最終日を迎え、選手たちは、獄中生活を終えた故ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元大統領が最初にスピーチを行ったケープタウン市庁舎で、熱狂的なファンを前にトロフィーを掲げた。  南アフリカの優勝ツアーの終着地は、撤廃から25年が経過したアパルトヘイト(人種隔離政策)による傷をいまだに抱える同国において、団結のメッセージを強く印象づけた。  同チーム初の黒人主将となったシヤ・コリシ(Siya Kolisi)は、数千人のファンの前で「われわれが皆どれだけ違っているかを見てくれ。人種も背景も異なる。チームはサウス(南アフリカ)のために団結し、それを実現した」と語った。 「私は今、皆さんに話しかけている。周りを見ればさまざまな人種の人がいて、その背景もさまざまだ。だが、皆さんが今われわれのためにどれだけ特別なことをしてくれているのかにも目を向けてほしい」  大きな広場に集まったファンに大声援で迎えられる中、コリシは「南アフリカが闘ったり言い争ったりするのをやめ、一つの国として前に進むときが来た」と続けた。  1990年2月11日、マンデラ元大統領が27年にわたる獄中生活を終えた数時間後、喜びに満ちた大衆に向けてスピーチしたのも同じ市庁舎前の広場だった。このスピーチはマンデラ元大統領にとって釈放後最初の大演説となり、少数派の白人による支配が終焉(しゅうえん)を迎えたように、同国が生まれ変わる上で重要な瞬間だった。  2日に行われたW杯の決勝でイングランドを32-12で下し、3度目の優勝を果たしたスプリングボクスは、かつてエリート白人の領分だったラグビーにおいて、最も人種が交ざり合ったチームとして新境地を開拓した。  スプリングボクスの選手たちは同日、反アパルトヘイト活動の象徴的存在で、同チームの緑色のジャージーを着たデズモンド・ツツ(Desmond Tutu)元大主教のもとも訪れた。  ツツ元大主教は発表文の中で「この若い集団が成し遂げたことは、ラグビーの分野を超え、われ
南ア主将コリシが母国へ 「一つになれば何だって成し遂げられる」

南ア主将コリシが母国へ 「一つになれば何だって成し遂げられる」

【11月2日 AFP】2日に行われたラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝で優勝を果たしたスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)の主将シヤ・コリシ(Siya Kolisi)が試合後、一丸となって困難に立ち向かえば国として何を成し遂げられるかを示せた勝利になったと話した。  黒人選手として初めて南アフリカ代表の主将になったコリシは、ウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup、W杯の優勝トロフィー)を母国の国民にささげた。応援に感謝しているという主将は、感極まった様子で「私たちの国には本当に多くの問題がある。今回も異なるバックグラウンド、人種が集まったがチームだったが、一つの目標を持ってまとまり、優勝したいと思っていた」と語った。 「それを南アフリカに示せていたら本当にうれしい。何かを成し遂げたいと思えば、協力できるということを」  またコリシによれば、南アフリカを率いるラシー・エラスムス(
スコットランド協会に罰金処分、台風めぐる不適切発言で

スコットランド協会に罰金処分、台風めぐる不適切発言で

2019年11月8日 9:10 発信地:ダブリン/英国 【11月8日 AFP】ワールドラグビー(World Rugby)は7日、台風19号(アジア名:ハギビス、Hagibis)の影響でW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)の日本とのプール最終戦が中止になった場合、法的措置も辞さないと発言したスコットランドラグビー協会(SRU)に対し、けん責処分と罰金7万ポンド(約980万円)を言い渡した。  SRUのマーク・ドッドソン(Mark Dodson)最高経営責任者(CEO)は、スコットランドが台風19号の「巻き添え被害」を受けるわけにはいかないと発言。「融通が利かない」とワールドラグビーを批判し、試合が開催されなかった場合は法的措置を検討しているとした。  日本戦が中止になって0-0の引き分け扱いとなれば決勝トーナメントに進めないことから、スコットランドは何としても試合の開催を望んでいた。結果的に10月13日に試合は行われ、日本が28-21で勝利しプール首位突破を果たしたのに対し、スコットランドは史上2度目のプールステージ敗退が決まった。  ワールドラグビーはこの日、独立紛争委員会がSRUのコメントは不適切だったとの裁定を下したと発表し、「日本が数十年に一度の大型台風への対応を進めている中、不公平ですべてのチ
オールブラックスの新指揮官、日本のジョセフHCら26人が候補入り

オールブラックスの新指揮官、日本のジョセフHCら26人が候補入り

2019年11月6日 15:05 発信地:ウェリントン/ニュージーランド 【11月6日 AFP】ニュージーランドラグビー協会(NZR)は6日、代表の次期指揮官の候補として、W杯(Rugby World Cup 2019)で日本代表を歴史的な8強に導いたジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)ヘッドコーチ(HC)ら、ニュージーランド出身の指導者26人をリストアップし、外国人監督を候補から外したことを明かした。 【関連記事】ブラウンコーチ、ジョセフHCとタッグ継続へ NZ指揮官候補の打診に断り  ニュージーランドは、スティーブ・ハンセン(Steve Hansen)HCがW杯限りで退任したことを受けて、本格的な後任探しに着手しており、クリスマス前の新体制発足を目指している。ジョセフHCはオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)の指揮官就任を目指すのか、それとも日本で続投するのかの意思を明確にしていない。  NZRのブラント・インペイ(Brent Impey)会長は、候補にこれだけ厚みを出せたのは「ぜいたく」だと話し、国外出身者を除外したことについては「W杯を見れば、優秀なコーチの多くはニュージーランドの出身だ」「この仕事ができる力量を持った人材だけを集めることができたと信じている。代表監督はスペシャリストの仕事だ」と話した。  ジョセフHCの他には、以前スーパーラグビー(Super Rugby)のワイカト・チーフス(Waikato Chiefs、ニュージーランド)を率い、現在は国際リーグ「プロ14」のグラスゴー・ウォリアーズ(
動画:南アの優勝パレードツアー終了、終着地はマンデラ氏ゆかりの地

動画:南アの優勝パレードツアー終了、終着地はマンデラ氏ゆかりの地

2019年11月12日 12:47 発信地:ケープタウン/南アフリカ 【11月12日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を制したスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)の優勝パレードが、11日に最終日を迎え、選手たちは、獄中生活を終えた故ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)元大統領が最初にスピーチを行ったケープタウン市庁舎で、熱狂的なファンを前にトロフィーを掲げた。  南アフリカの優勝ツアーの終着地は、撤廃から25年が経過したアパルトヘイト(人種隔離政策)による傷をいまだに抱える同国において、団結のメッセージを強く印象づけた。  同チーム初の黒人主将となったシヤ・コリシ(Siya Kolisi)は、数千人のファンの前で「われわれが皆どれだけ違っているかを見てくれ。人種も背景も異なる。チームはサウス(南アフリカ)のために団結し、それを実現した」と語った。 「私は今、皆さんに話しかけている。周りを見ればさまざまな人種の人がいて、その背景もさまざまだ。だが、皆さんが今われわれのためにどれだけ特別なことをしてくれているのかにも目を向けてほしい」  大きな広場に集まったファンに大声援で迎えられる中、コリシは「南アフリカが闘ったり言い争ったりするのをやめ、一つの国として前に進むときが来た」と続けた。  1990年2月11日、マンデラ元大統領が27年にわたる獄中生活を終えた数時間後、喜びに満ちた大衆に向けてスピーチしたのも同じ市庁舎前の広場だった。このスピーチはマンデラ元大統領にとって釈放後最初の大演説となり、少数派の白人による支配が終焉(しゅうえん)を迎えたように、同国が生まれ変わる上で重要な瞬間だった。  2日に行われたW杯の決勝でイングランドを32-12で下し、3度目の優勝を果たしたスプリングボクスは、かつてエリート白人の領分だったラグビーにおいて、最も人種が交ざり合ったチームとして新境地を開拓した。  スプリングボクスの選手たちは同日、反アパルトヘイト活動の象徴的存在で、同チームの緑色のジャージーを着たデズモンド・ツツ(Desmond Tutu)元大主教のもとも訪れた。  ツツ元大主教は発表文の中で「この若い集団が成し遂げたことは、ラグビーの分野を超え、われ
「ハカ」対抗に歴史あり、過去の名場面7選

「ハカ」対抗に歴史あり、過去の名場面7選

【10月31日 AFP】26日のラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)準決勝では、ニュージーランド伝統の「ハカ(Haka)」にイングランドがハーフウエーラインを越えて対抗し、罰金を科されたが、過去にはハカを無視したり、自分たちで踊ってみたりと、各チームが独創的な方法を編み出してマオリ(Maori)古来の戦いの舞に立ち向かってきた。  ここでは、その中でも特に印象深い七つを紹介する。 ■ハカにはハカを――2008年、マンスター  2008年、英国遠征を行ったニュージーランドを迎え撃ったアイルランドのクラブチーム、マンスター(Munster Rugby)は、ハカへのユニークな対抗策を取った。自分たちもハカを踊ったのだ。  マンスターにいた4人のニュージーランド出身選手が歩み出て、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)の選手より先にハカを始めると、観客は大喝采。これが功を奏したのか、チームは1978年の金星を再現する寸前までいったが、ウイングのジョー・ロコココ(Joe Rokococo)に決勝のトライを許し、16-18で敗れた。 ■微動だにせず――2008年、ウェールズ  同じく2008年の遠征では、ウェールズ代表も斬新な対策を披露した。彼らがやったのは、ハカが終わった後も動くのを完全に拒否することだった。  その結果、両軍のにらみ合いは数分にわたって続いた。主審は両チームの主将に試合を始めようと促したが、どちらもまばたきすらしない。そうした緊迫ムードの中で始まった試合だが、開始前の茶番はウェールズの助けにはならなかったようで、チームは9-29で大敗した。 ■完全無視――1996年、オーストラリア  1996年のニュージーランドとオーストラリアの対抗戦、ブレディスロー・カップ(Bledisloe Cup)では、オーストラリアが相手の挑戦状に向き合おうとせず、ハカを完全に無視してウオーミングアップを続けるという手に打って出た。オーストラリアは1991年にも、デビッド・キャンピージ(David Campese)が列を離れ、ハカを無視してキック練習を始めていたが、これを思い起こさせるものだった。  すると、自分たちのホームで無礼なことをされたと感じたオールブラックスは、かつてないほどに大激怒。これが発奮材料になったのか、43-6でオーストラリアを粉砕した。豪主将のジョン・イールズ(John Eales)は後に、あのときの行動が一番悔いが残ると振り返っている。 ■くさび形で前進――1989年、アイルランド  ハカに初めて真正面から対抗した例として知られるのが、1989年のアイルランドで、このときの彼らは逆V字のくさび形の陣形を取ってオールブラックスへにじり寄り、両チームの主将が目と鼻の先で向き合うところまで近づいた。  ハカが終わると両者は言葉を交わしたようで、それを受けてアイルランド主将のウィリー・アンダーソン(Willie Anderson)は、跳び上がるようにして満員のホームの観客をあおった。しかしこうした努力もむなしく、試合はニュージーランドの23-6の快勝に終わった。 ■W杯でもくさび形――2011年、フランス  ニュージーランドで行われた2011年のW杯決勝では、今度はフランス代表が、多少足並みは乱れ気味だったが、同じようにオールブラックスに向かって前進し、試合をさらに盛り上げた。  フランスはこれで2500ポンド(約35万円)の罰金を
Prince Albert Told Prince Harry to ‘Do What You Have to Do to Ensure Your Privacy’ – Showbiz Cheat Sheet

Prince Albert Told Prince Harry to ‘Do What You Have to Do to Ensure...

Prince Albert offered Prince Harry, Duke of Sussex, advice about the media at the Rugby World Cup 2019 Final on Nov. 2, 2019. The 61-year-old Monaco royal told the Duke of Sussex he “sympathized” with him and gave him some words of wisdom at the match between England and South Africa.  The event came about…

https://www.7a7.biz   https://echaussures.net   https://desertsafaridealz.com   https://customizeateeshirt.com   https://sports-d-hiver.com   https://lesbambous.info   https://jpshoe.org   https://www.mavfilm.com   https://francerestos.fr   https://www.crisscrosslink.info