Sunday, January 19, 2020
Home Rugby World Cup 2019

Rugby World Cup 2019

Angleterre – Afrique du Sud : suivez la finale de la Coupe du monde de rugby 2019 en direct

Angleterre – Afrique du Sud : suivez la finale de la Coupe du monde...

Si votre coloc à une musculature digne de celle des Springboks avant la Coupe du monde, soyez plutôt de son côté  Parce qu'on ne vous cache rien, voilà un petit aperçu de la manière dont notre très spécial envoyé au Japon s'est rendu au stade ce jour (vue depuis un minibus réservé à la presse). « Je n’aurais…
Rugby World Cup 2019 groups, teams and pool guide

Rugby World Cup 2019 groups, teams and pool guide

The 2019 Rugby World Cup is fast approaching, with international teams currently giving us a taste of what is to come with a series of warm-up matches before they fly out to Japan. The opening game of the RWC kicks off on Friday, September 20, in Tokyo. Here is our guide to which team is in…
【ラグビーW杯】伝統の儀式は「ハカ」だけじゃない! サモア戦はキックオフ前の「シバタウ」に注目すべし!!

【ラグビーW杯】伝統の儀式は「ハカ」だけじゃない! サモア戦はキックオフ前の「シバタウ」に注目すべし!!

ラグビーの試合では、キックオフ前に伝統の儀式で自らを鼓舞するシーンをしばしば目にする。これはウォークライと呼ばれるもので、中でもニュージーランド代表(オールブラックス)のハカが有名だ。 その姿はまさに「男の中の男」。相手を飲み込んでしまうような迫力が特徴だが、実は日本代表の次戦(10月5日19:30〜)の相手・サモア代表もウォークライを行うことで知られている。そう、彼らは「シバタウ」という儀式で自らを鼓舞し、対戦相手を威嚇(いかく)するのだ。 ・サモア代表のシバタウ 主に南太平洋の国が行うウォークライ。オールブラックスのハカに代表されるように掛け声に合わせて自らを鼓舞。手で太ももを叩き、足では大地を踏み鳴らすのだが、サモア代表のシバタウはどちらかと言うと軽快なものとなっている。 その様子はYouTubeにアップされた動画「Incredible Siva Tau from Samoa – Rugby World Cup 2019」で確認できるように、ダンスを踊っているようにも見える。ただ、伝統を感じる上に選手たちは戦闘モードに一変。そして何より、チームの士気が一気に高まるので警戒しなければいけない。 ・独特の雰囲気に警戒せよ しかも、ここまで2戦を終えてサモアは勝ち点5。これ以上負けると決勝トーナメント進出が遠のくため、いつも以上に気合いを入れて日本との試合に臨んでくることだろう。日本代表は独特な雰囲気
ラグビーウェールズ代表に打撃、司令塔アンスコムもW杯欠場

ラグビーウェールズ代表に打撃、司令塔アンスコムもW杯欠場

写真拡大 【AFP=時事】ウェールズラグビー協会(Welsh Rugby Union)は12日、同国代表のFHギャレス・アンスコム(Gareth Anscombe)が膝に大けがをし、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を欠場すると発表した。 ニュージーランド生まれで28歳のアンスコムは、19-33で敗れた11日のイングランド戦で負傷した。 同協会は公式サイトで「ギャレス・アンスコムは昨日のイングランド戦で前十字靱帯(じんたい)を負傷し、W杯の代表選考から外れた」「ウェールズ代表の選手とコーチ陣は、ギャレスの一刻も早い回復を願っている」と発表した。 アンスコムは今年のシックスネーションズ(Six Nations Rugby 2019)で全勝優勝(グランドスラム)を果たしたウェールズの中心選手であり、今回の離脱はW杯優勝を目指すチームにとって打撃となる。 アンスコムの代わりには、代表で70キャップ以上を誇り、シックスネーションズのイングランド戦で途中出場ながら効果的なプレーを見せた29歳のダン・ビガー(Dan Biggar)が先発に名を連ねる見通しだ。 故障したウェールズの主力はアンスコムで2人目。今月初めには、鎖骨のけがでナンバー8のタウルペ・ファレタウ(Taulupe Faletau)が離脱を強いられている。 W杯に向けたウェールズ代表メンバーは現在40人おり、ウ
控え中心のワラビーズ、W杯前最後の試合でサモア下す

控え中心のワラビーズ、W杯前最後の試合でサモア下す

2019年9月8日 12:37 発信地:シドニー/オーストラリア 【9月8日 AFP】ラグビーテストマッチは7日、各地で行われ、オーストラリアはほぼ2軍のメンバーで34-15とサモアを下し、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を開幕を良い状況で迎えることにはなったが、その勝利は納得いくものではなかった。  4年前のW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)で準優勝を果たしたワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)は、約1年ぶりのテストマッチとなったデビッド・ポーコック(David Pocock)を中心にその場しのぎのメンバーで試合に臨んだが、前半はサモアに格の違いを見せつけた。  アダム・コールマン(Adam Coleman)、マリカ・コロイベッテ(Marika Koroibete)、アダム・アシュリークーパー(Adam Ashley-Cooper)、ルカン・サラカイアロト(Lukhan Salakaia-Loto)がトライを決めて22-3で前半を折り返したオーストラリアだったが、後半は守備が崩れた。  サモアは一
ワラビーズW杯メンバー発表、初選出の19歳から4度目出場のベテランまで

ワラビーズW杯メンバー発表、初選出の19歳から4度目出場のベテランまで

2019年8月23日 16:14 発信地:シドニー/オーストラリア 【8月23日 AFP】ラグビーオーストラリア代表のマイケル・チェイカ(Michael Cheika)ヘッドコーチ(HC)は23日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた代表メンバー31人を発表した。ワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)では史上最年少のW杯出場選手となる19歳のジョーダン・ペテア(Jordan Petaia)が初選出され、アダム・アシュリークーパー(Adam Ashley-Cooper)は4度目のW杯に臨むことになった。  チェイカHCはウィル・ゲニア(Will Genia)とニック・ホワイト(Nic White)をハーフバック2人に選び、ブランビーズ(Brumbies)の9番ジョー・パウエル(Joe Powell)とNSWワラタス(NSW Waratahs)のニック・フィップス(Nick Phipps)を外した。  ベテラン選手ではHOタタフ・ポロタ・ナウ(Tatafu Polota-Nau)が代表入りを逃したが、ふくらはぎを負傷して7か月間戦列を離れていたFLデビッド・ポーコック(David Pocock)は選出され、同じく最近は欠場が続いていたバーナード・フォーリー(Bernard Foley)とテヴィタ・クリンドラニ(Tevita Kuridrani)もメンバー入りを果たした。  昨シーズンのワラビーズはここ10年間で最悪の成績に沈み、5月にはSNSで同性愛者を中傷したとしてオーストラリアラグビー協会(Rugby Australia)から解雇されたスター選手のFBイズラエル・フォラウ(Israel Folau)を失った。  今月行われた南半球4か国対抗戦、ザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship 2019)第3節では、ニュージーランドに47-26で勝利して復活の兆しを見せたものの、前週開催された両国による定期戦ブレディスローカップ(Bledisloe Cup)では0-36で完敗した。  チェイカHCはW杯に関して、「われわれはチームとして非常にまとまっていたし、メンバーを31人に絞るのは非常に難しかった。それでも選ばれた各選手は、一緒に飛行機に乗れない仲間の全面的なサポートを受けて日本へ行くはずだ」と述べた。 「今季は毎週、そして試合ごとに一生懸命チームをつくりあげてきた。そして、オーストラリア代表として誇れるようなラグビーをプレーし、選手全員が結果を出すべく貢献してきた」 「日本では予測不可能なチームになるだろう。それが今年のチームの目標となっている」「W杯では毎試合がグランドファイナルだ。目の前の道より先は見ない」  オーストラリアはW杯で世界ランク1位のウェールズをはじめ、ジョージア、フィジー、ウルグアイと同組の厳しいプールDに入っている。来月21日に北海道・札幌で行われるフィジー戦で大会の幕を開け、その翌週にはウェ
W杯で日本と戦うアイルランドが世界1位に、それでも指揮官は「NZが優勝候補」

W杯で日本と戦うアイルランドが世界1位に、それでも指揮官は「NZが優勝候補」

2019年9月8日 13:15 発信地:ダブリン/アイルランド 【9月8日 AFP】ラグビーテストマッチは7日、各地で行われ、アイルランドは19-10でウェールズに勝利し、史上初となる世界ランキング1位に立ってW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)へ乗り込むことが決まった。しかし、チームを率いるジョー・シュミット(Joe Schmidt)ヘッドコーチ(HC)は、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)が大会の絶対的な優勝候補だと話している。  2週間前に敵地でイングランドに15-57の屈辱的な大敗を喫したアイルランドだが、この日は本拠地アビバ・スタジアム(Aviva Stadium)でウェールズを退け、W杯限りで代表を去るシュミットHC、そして精神的支柱である主将ロリー・ベスト(Rory Best)の最後のホームゲームを完璧なかたちで締めくくった。  2015年のW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)後に就任したベスト主将の下で、チームは歴史的なニュージーランドとのテストマッチ2勝を挙げ、2018年のシックスネーションズ(Six Nations Rugby 2018)では史上三度目の全勝優勝を飾った。W杯では、チーム初のベスト4以上という前人未踏の領域を目指すことになる。  シュミットHCは「(1位のことは)試合後のインタビューまで気づいていなかった」「肩書に過ぎないが、気持ちの良い肩書だ。史上初めてその位置に上がれたのは気持ちが良い」とコメントした。 「幸運なことに、われわれはこの数年でいくつもの一番を記録してきたが、そうした肩書は日本ではなんの意味も持たない」「どこがW杯の優勝候補かはみんな分かっているし、それはわれわれではない」
La gazette de la Coupe du monde de rugby 2019 : finale, drones interdits et une Française dans le top 5

La gazette de la Coupe du monde de rugby 2019 : finale, drones interdits...

Sport Coupe du monde de rugby On y est : six semaines après le début de la Coupe du monde, on saura samedi qui va succéder aux Néo-Zélandais, doubles champions du monde en titre, qui ont remporté la médaille de bronze en battant le Pays de Galles, vendredi. Par Grégor Brandy Publié aujourd’hui à 06h52 Temps…
3連覇目指すNZがラグビーW杯メンバー発表、ソニー・ビル3度目の選出

3連覇目指すNZがラグビーW杯メンバー発表、ソニー・ビル3度目の選出

2019年8月28日 15:37 発信地:オークランド/ニュージーランド 【8月28日 AFP】ラグビーニュージーランド代表は28日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた代表メンバー31人を発表し、CTBソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams)が3大会連続のメンバー入りを果たした一方で、ベテランPRのオーウェン・フランクス(Owen Franks)はまさかの落選となった。  またスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)ヘッドコーチ(HC)は、苦しんでいるバックスのベン・スミス(Ben Smith)への信頼を変えず、逆に突破力のあるCTBヌガニ・ラウマペ(Ngani Laumape)に代表の椅子は与えなかった。  ソニー・ビルの他には主将のキーラン・リード(Kieran Read)とサム・ホワイトロック(Sam Whitelock)も、前人未到のW杯3連覇、通算4度目の優勝が懸かる日本大会へ向けて、順当に3大会連続のメンバー入りを果たしている。  他には9人が前回イングランド大会(Rugby World Cup 2015)の栄冠を経験している選手で、19人が初めてのW杯メンバー入りとなった。それでも、衰えを知らないリードの代表121試合出場を筆頭に、メンバーの総キャップ数はテストマッチ1195試合に達する。  ハンセンHCは、W杯3連覇は「とてつもないチャレンジ」と話し、「難しい目標、厳しい大会になることは分かっているが、プレッシャーに立ち向かうのを楽しみにしている」と続けた。  代表最年長となる34歳のソニービルは、今季はけがに悩まされていたが、オーストラリアに36-0で圧勝した8月の試合でHCを納得させるプレーを披露した。逆に代表108キャップを誇るフランクスは、プロップに機動力と前への推進力を求めるハンセンHCの基準を満たせなかった。  センター勢では、アントン・リエナートブラウン(Anton Lienert-Brown)やジャック・グッドヒュー(Jack Goodhue)、ベテランのライアン・クロッティー(Ryan Crotty)がソニー・ビルとともにメンバー入りを果たした一方、ボールを持ち運ぶパワーのあるラウマペは残念な落選となった。  司令塔タイプではリッチー・モウンガ(Richie Mo'unga)とボーデン・バレット(Beauden Barrett)が順当に選出され、ハンセンHCは相手のラッシュディフェンスへの対策として、二人をSOとFBで同時起用する新しい戦術を続けるとみられる。  両ウイングには、リコ・イオアネ(Rieko Ioane)、セブ・リース(Sevu Reece)、ジョージ・ブリッジ(George Bridge)といった得点力のある面々だけでなく、万能なジョーディー・バレット(
王者オールブラックス、合計14トライでトンガに大勝

王者オールブラックス、合計14トライでトンガに大勝

2019年9月7日 16:55 発信地:ハミルトン/ニュージーランド 【9月7日 AFP】ラグビーテストマッチが7日、ニュージーランド・ハミルトン(Hamilton)で行われ、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)はジョージ・ブリッジ(George Bridge)の4トライを含む合計14トライの猛攻を見せ、トンガに92-7で大勝してW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた最後の準備を終えた。  W杯で3連覇を目指す王者ニュージーランドのスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)ヘッドコーチ(HC)は、本番に向けて包括的なゲームプランの微調整を望んでいたが、チームがその期待を裏切ることはなかった。  守備の劣るトンガに対し、オールブラックスはロングレンジから何度もトライを決めるなど、自在なパスやボールさばきをみせた。しかし、9年前に母国オークランド(Auckland)で102-0でトンガに完勝したスコアには及ばなかった。  試合終盤にサム・ルジー(Sam Lousi)がシンビンとなって14人になったトンガに対し、ハンセンHCはライアン・クロッティー(Ryan Crotty)を下げて相手と人数を合わせただけでなく、日本で同様の事態を想定した予行練習も行った。  2週間後に横浜で行われる南アフリカとの大会初戦で、オールブラックスは今回と同じように自由にプレーすることはできないとみられるが

HOT NEWS