Sunday, January 19, 2020
Home Rugby World Cup 2019

Rugby World Cup 2019

Harry and Meghan Markle’s ‘private WhatsApp plan’ during crunch talks with Queen

Harry and Meghan Markle’s ‘private WhatsApp plan’ during crunch talks with Queen

Mirror 13th Jan 2020 13:59:55 GMT +0300 Prince Harry and Meghan will 'step down' from their roles as senior royals (Image: REUTERS) Prince Harry and Meghan Markle are planning to communicate privately via WhatsApp during today's unprecedented summit, it has been claimed. Harry, 35, will join the Queen, 93, Prince Charles, 71, and Prince William,…
Meghan and Harry ‘feel pushed out’ of Royal Family by ‘bullying’ William

Meghan and Harry ‘feel pushed out’ of Royal Family by ‘bullying’ William

Mirror 13th Jan 2020 14:12:33 GMT +0300 Prince William, Duke of Cambridge and Catherine, Duchess of Cambridge, Prince Harry, Duke of Sussex and Meghan, Duchess of Sussex (Image: Getty Images) Prince Harry and Meghan Markle feel as if they have been pushed away from the Royal Family because of Prince William's "bullying attitude" towards them,…
Prince Harry tells the Queen he will follow Meghan to Canada ‘as soon as possible’

Prince Harry tells the Queen he will follow Meghan to Canada ‘as soon as...

We will use your email address only for sending you newsletters. Please see ourPrivacy Noticefor details of your data protection rightsInvalid EmailPrince Harry has told the Queen and dad Charles he will follow Meghan to Canada as soon as possible - but not before an awkward return to Buckingham Palace. The Duke is itching to…
Why Prince Harry, Meghan chose to step back as senior royals

Why Prince Harry, Meghan chose to step back as senior royals

AFP 09th Jan 2020 07:49:34 GMT +0300 Meghan admitted that it had been a "struggle" becoming a mother while living under an intense media spotlight. [AFP] Britain's Prince Harry and his wife Meghan will step back as senior members of the royal family and spend more time in North America, the couple said in a…
XV de France: pour sa première liste, Fabien Galthié chamboule tout (ou presque)

XV de France: pour sa première liste, Fabien Galthié chamboule tout (ou presque)

RUGBY - Le nouveau sélectionneur du XV de France Fabien Galthié a appelé 19 joueurs sans sélection et un seul trentenaire pour préparer le Tournoi des Six nations. La compétition débute le 2 février prochain avec la réception de l’Angleterre, et l’ancienne gloire de l’équipe de France annonçait pour l’occasion sa première liste de 42 joueurs…
50 de ani de DHL – o jumătate de secol de logistică globală inovatoare/ Interviu cu John Pearson, CEO DHL Express

50 de ani de DHL – o jumătate de secol de logistică globală inovatoare/...

​​San Francisco, 1969 - la scurt timp după ce Neil Armstrong a aterizat pe lună, Adrian Dalsey, Larry Hillblom și Robert Lynn au avut ideea revoluționară de a transporta documentele de însoțire ale navelor de marfă în bagaje de mână la bordul aeronavelor. Aceasta a însemnat că vămuirea mărfii se putea face înainte de sosirea…
Rugby: Public to decide fate of All Blacks midfielder Jack Goodhue’s mullet

Rugby: Public to decide fate of All Blacks midfielder Jack Goodhue’s mullet

Jack Goodhue's famous mullet has long been credited for making him run faster, boosting overall sporting performance and increasing his attractiveness. Now the All Black from Kawakawa in Northland with the most talked about tresses in New Zealand is using his superpower to help Northland's vulnerable youth as part of a fundraising campaign which will…
Nouvelle-Zélande : Steve Hansen, ancien entraîneur des All Blacks, a été anobli

Nouvelle-Zélande : Steve Hansen, ancien entraîneur des All Blacks, a été anobli

AccueilSport L'ancien entraîneur des All Blacks, Steve Hansen, après avoir reçu la médaille de bronze lors de la Coupe du Monde de Rugby 2019 au Japon, le 1er novembre 2019. — Koji Ito/AP/SIPA L’ancien entraîneur de l’équipe de rugby des All Blacks a été anobli en cette fin d’année en Nouvelle-Zélande. Il a rejoint la…
オールブラックス前HCハンセン氏に爵位授与、それでも「平凡なスティーブ」

オールブラックス前HCハンセン氏に爵位授与、それでも「平凡なスティーブ」

写真拡大 【AFP=時事】ラグビーニュージーランド代表の前ヘッドコーチ(HC)のスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)氏が31日、同国の新年の叙勲制度で受勲者名簿に名を連ね、ナイトの爵位が授与されることになった。ハンセン氏は「サー・スティーブン」になったものの、自身は今も「平凡なスティーブ」だと語った。 今年行われたラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)で、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)は準決勝のイングランド戦に敗れて3連覇にはわずかに届かなかったが、ハンセン氏はラグビーユニオン(15人制)界への多大な貢献が認められた。 率直な物言いとユーモアのセンスを持ち合わせるハンセン氏は、2011年にニュージーランド代表でW杯を制してこちらも爵位を授与されたグラハム・ヘンリー(Graham Henry)元HCの下で8年間アシスタントを務め、その後オールブラックスを8年間率いた。 その間にチームは2015年のW杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)を制すと、日本大会では3位に入った。また、南半球4か国対抗戦のザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship)では6回優勝し、ワールドラグビー(World Rugby)が選出する年間最優秀チームには5回選出されている。さらにはワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)と争う「ブレディスローカップ(Bledisloe Cup)」では、8年間カップを保持し続けた。 ハンセン氏はテレビ・ニュージーランド(TVNZ)に対し、ナイトの爵位授与決定が知らされた際に「計り知れない誇り、謙虚さ」を感じたと明かすとともに、妻や一緒に戦った選手たちに敬意を表した。「指導することができた選手たちの才能や、素晴らしい上層部、裏方のスタッフたちに永遠に感謝するだろう。自分だけでは成し遂げられない。この栄誉は彼らのものでもある」 受勲に恐縮しながらも、ハンセン氏は「サー・スティーブ」と呼ばれることにしっくりときていないようだ。「私はただの平凡なスティーブだし、それがこれからも望む呼ばれ方だ」 【翻訳編集】AFPBB News■関連記事・オールブラックス前HCがトヨタ加入 「アドバイザー
横浜に世界最古のラグビークラブ? 血煙で幕開けた日本ラグビー史【再掲】

横浜に世界最古のラグビークラブ? 血煙で幕開けた日本ラグビー史【再掲】

【12月31日 AFP】現在開催中のラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)では、7万人を超えるファンが決勝の舞台である横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)に集結するだろう。しかしその中に、この国のラグビーに150年を超す豊かな歴史があること、世界最古のラグビークラブの一つが日本にあることを知っている人は多くないかもしれない。(※この記事は、2019年10月18日に配信されました)  すべては1860年代初頭、薩摩藩士が英国人商人を斬り殺した生麦事件から始まった。事件をきっかけに、英国は自国民を保護するための軍隊を日本へ派遣したが、その中にたまたまラグビー好きが交じっていたのだ。  日本ラグビーの黎明期を研究しているマイク・ガルブレイス(Mike Galbraith)さんによれば、記録に残っている日本初のラグビーの試合は1863年で、ラグビー発祥の瞬間として有名な、ラグビー校(Rugby School)の学生ウィリアム・ウェブ・エリス(William Webb Ellis)が「ボールをわきに抱えて走った」ときから40年の開きしかない。  事件による両国の緊張が収まると、ラグビー校のようなパブリックスクールの出身者も多かった軍人たちは、暇つぶしに楕円(だえん)のボールを手にするようになった。ガルブレイスさんは「問題が沈静化すると、特にやることのない彼らは、毎日午後にラグビーをプレーして過ごすようになりました。1864年12月には市民も交えてプレーしていたという記録が残っています」と話す。  2年後の1866年には、そうした愛好家40人以上が集まって横浜フットボールクラブ(Yokohama Foot Ball Club)を設立。日本の新聞が1月26日にそれを報じ、その日が公式の創設日ということになっている。英字紙ジャパンタイムズ(Japan Times)には「ラグビー校やウィンチェスター校(Winchester School)の卒業生がたまたまいるから、きっと素晴らしい科学的なプレーができるはずだ」と書かれている。  ガルブレイスさんはこれを根拠に、横浜が世界最古の「オープン」なクラブ、つまり学生の部活動ではない、誰でも参加できるクラブの発祥の地の可能性があると主張する。「同時代史料に創設が記されていることから、どうやら横浜カントリー&アスレチッククラブ(YC&AC、横浜フットボールクラブの後身)は現時点で世界最古のオープンなクラブと言えそうです」というのがガルブレイスさんの考えだ。  もっと歴史が古いとされるラグビークラブがあることは把握しているが、それらは設立を記した確固たる史料を欠く。「時間や主要メンバー、活動内容が試合当日の新聞に記されているのは横浜フットボールクラブだけです」とガルブレイスさんは語る。  もっとも当時のラグビーは、W杯でプロ選手が見せるスピーディーな現代ラグビーとは別物だったようだ。クラブの創設者は「ハッキング」、つまり相手選手を蹴るのを禁止する提案をしなければならず、また試合記事によれば、主な得点手段はドロップキックだった。1873年のジャパン・ウィークリー・メイル(Japan Weekly Mail)紙には、「アボット選手はボールをつかむと対戦相手の間を巧みにすり抜け、見事なドロップキックで得点を決めた」と書かれている。  やがて世紀の変わり目に、ラグビーが日本に根付くきっかけとなる出来事が起こった。ケンブリッジ大学(Cambridge University)を卒業したエドワード・ブラムウェル・クラーク(Edward Bramwell Clarke)と日本人選手の田中銀之助(Ginnosuke Tanaka)が、慶応大学(Keio University)にラグビーを持ち込んだのだ。これによって日本ラグビーのすそ野が広がり、人気も一気に高まって、1930年代初頭には試合に2万人の観客が集まるようになったという。  1926年

HOT NEWS