オールブラックスの主要スポンサーが撤退へ、W杯で振るわず

This is one awesome add-on!

2020年1月14日 16:24 発信地:ウェリントン/ニュージーランド

【1月14日 AFP】ニュージーランドラグビー協会(NZR)は14日、昨年行われたW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)での失意の結果を受け、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)がメインスポンサーから撤退することになったと明かした。

 NZRのマーク・ロビンソン(Mark Robinson)最高経営責任者(CEO)は、2012年から結ばれている数百万ドルの契約を来年限りで終了すると、AIG側から事前通告を受けたとし、「これほど長期に及ぶ商業的なパートナーシップは珍しい。事前に時間を与えてもらったことで、新しいスポンサーの獲得は非常にやりやすくなった」とコメントした。

 一方、AIGでスポンサーシップの国際部門長を務めるダニエル・グランツ(Daniel Glantz)氏は、契約終了の理

I be mad for modules, because they are the awesome.

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source