日本の快進撃にデクラークの躍動、W杯に沸いた2019年のラグビー界

This is another adorable ingredient!

2019年12月26日 8:08 発信地:パリ/フランス

【12月26日 AFP】2019年のラグビー界では、秋にW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)が開催され、ファフ・デクラーク(Faf de Klerk)にけん引された南アフリカが3回目の優勝を果たした。また日本が予想以上の快進撃を見せ、史上初のベスト8入りを達成したことも大会を盛り上げた。AFPは今回、五つの項目で2019年のラグビー界をまとめた。

■AFPが選ぶ年間最優秀チーム 南アフリカ

 ラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)が立て直し、代表史上初の黒人主将、シヤ・コリシ(Siya Kolisi)に導かれた多文化チームのスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)は、決勝トーナメントで日本とウェールズを撃破して決勝へ勝ち上がると、イングランド相手に32-12の完勝を収めてウェブ・エリス・カップ(Webb Ellis Cup、W杯の優勝トロフィー)を掲げた。

 チームの戦い方は、フォワードの馬力と中央の混戦での強さを生かしつつ、ボールを前に蹴り出して相手に強烈なプレッシャーをかけ、隙があればマカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)とチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)の両翼のスピードを生かすというシンプルなものだった。

■AFPが選ぶ年間最優秀選手 ファフ・デクラーク

 大柄な選手の存在感が高まっているラグビー界にあって、W杯で見せた活躍は、小柄なデクラークにとっては一つの勝利だろう。イングランドプレミアシップのセール・シャークス(Sale Sharks)でプレーするデクラークは、2019年に飛躍のシーズンを過ごした。

 ワールドラグビー(World Rugby)が選出する年間最優秀選手の座はチームメートのピーター・ステフ・デュトイ(Pieter-Steph Du Toit)に譲ったが、デクラークはナンバー8のドウェイン・フェルミューレン(Duane Vermeulen)、SOハンドレ・ポラード(Handre Pollard)、「ビースト(野獣)」ことPRテンダイ・ムタワリラ(Tendai Mtawarira)のベテラン勢にも支えられながら、活発に動き回ってチームをけん引した。

 風にたなびくブロンドが目を引くデクラークは、洗練されたキック技術を披露したほか、ラック周辺でも厄介な存在となり、相手の守備陣を翻弄(ほんろう)した。身長172センチ、体重88キロとラグビー選手としては小柄だが、特に守備で体格差を補う勇敢さを持ち、ウェールズ戦で巨漢LOのジェイク・ボール(Jake Ball)とつかみ合った光景は大会のハイライトの一つになった。決勝後の控室で、パンツ一丁で英国のヘンリー王子(Prince Harry)と対面した場面も話題を呼んだ。

■AFPが選ぶ年間ベストゲーム W杯準決勝・イングランド対ニュージーランド戦

 オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)は日本大会でW杯3連覇を狙ったが、準決勝で彼らの前に立ちはだかったのが、歴史に残るプレーを披露し、19-7の衝撃的な勝利を収めたイングランドだった。

 マヌ・ツイランギ(Manu Tuilagi)が早々に先制トライを決めたイングランドは、先発復帰したジョージ・フォード(George Ford)の4本のペナルティーゴール(PG)で加点。アーディ・サヴェア(Ardie Savea)にトライを返されたが逃げ切り、W杯では2007年大会準々決勝のフランス以来、12年ぶりにニュージーランドに土をつけた。

 横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)で行われたこの一戦には、ラグビーのあらゆる魅力が詰まっていた。試合はニュージーランド伝統の「ハカ(Haka)」を披露するオールブラックスをイングランドの選手がハーフウエーラインを越えて包囲する光景から幕を開けると、序盤はフォードの指示の下、コートニー・ロウズ(Courtney Lawes)やマロ・イトジェ(Maro Itoje)らフォワード陣が奮闘するイングランドが敵陣でボールを圧倒的に保持。まさかの展

These plug-ins are quite astonishing.

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source