脳振とう交代のイングランド代表、ラグビーW杯決勝が「思い出せない」

This is one clever ingredient!

2019年12月19日 12:42 発信地:ロンドン/英国

【12月19日 AFP】先月のラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝で脳振とうを起こして途中交代したイングランド代表のPRカイル・シンクラー(Kyle Sinckler)は18日、ベンチから試合を最後まで見届けたものの、その記憶が全くないと明かした。

 シンクラーは自分の足で歩いてベンチに下がり、イングランドが南アフリカに12-32で敗れた決勝を見届けたが、脳振とうの影響で試合を思い出すことができないと認めている。

 まだ試合を見返していないというシンクラーは、英PA通信(Press Association)に対し「あの決勝から立ち直るのには3、4週間かかった。どん底だった」とコメントした。

「準決勝の直前にふくらはぎを負傷したので難しかった。状態はかなり悪く、満足に歩けないほどだった」「回復している最中だったが

Meet this beautiful addon!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source