脳しんとうで交代したラグビーイングランド代表選手 試合時の記憶なし

This is another glamorous add-on!

ラグビーW杯日本大会決勝、イングランド対南アフリカ。脳振とうで倒れたイングランドのカイル・シンクラー(2019年11月2日撮影)。(c)Odd Andersen / AFP

写真拡大

【AFP=時事】先月のラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝で脳振とうを起こして途中交代したイングランド代表のPRカイル・シンクラー(Kyle Sinckler)は18日、ベンチから試合を最後まで見届けたものの、その記憶が全くないと明かした。

 シンクラーは自分の足で歩いてベンチに下がり、イングランドが南アフリカに12-32で敗れた決勝を見届けたが、脳振とうの影響で試合を思い出すことができないと認めている。

 まだ試合を見返していないというシンクラーは、英PA通信(Press Association)に対し「あの決勝から立ち直るのには3、4週間かかった。どん底だった」とコメントした。

「準決勝の直前にふくらはぎを負傷したので難しかった。状態はかなり悪く、満足に歩けないほどだった」「回復している最中だったが、決勝ではかなり大きな脳振とうを起こしてしまった。何が起きたのかほとんど分からなかった。決勝のことは何も思い出せない。自分で外に出たと言われるが、それが思い出せないんだ」

 このプレーでシンクラーのW杯は終わった。オーストラリアとの準々決勝で代表初トライを記録したシンクラーは、続く準決勝ではニュージーランド撃破に貢献するなど大活躍した。「聞いた話では南アフリカが最高のプレーをし、その日の勝者にふさわしかったらしい」

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
・英教授が学生ラグビーでのタックル禁止を提言、WRは「極論」と一蹴
・女性審判に極悪タックル、ラガーマンに3年間の資格停止処分
・【写真特集】ラグビーW杯日本大会を彩るサポーター

AFPBB News

These constituents are quite nice.

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source