ラグビー元ウェールズ代表コーチ、賭博行為で1年半の活動禁止処分

My magnificent dad says this plugin is smart.

ラグビーウェールズ代表でアシスタントコーチを務めていたロブ・ハウリー氏(2015年9月28日撮影)。(c)Lo VENANCE / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ウェールズラグビー協会(WRU)は16日、同国代表のアシスタントコーチを務めていたロブ・ハウリー(Rob Howley)氏に対し、腐敗防止と賭博に関する規定に違反したとして、1年6か月にわたり全てのラグビー活動を禁止(うち9か月分の執行は猶予)したと発表した。

 ウォーレン・ガトランド(Warren Gatland)前ヘッドコーチ(HC)の下で2008年からウェールズ代表を指導していたハウリー氏は、WRUが不正行為の可能性を認識した後、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)の開幕直前に母国へ帰国した。

 同氏は2015年11月から2019年9月までの約4年間にわたり、自身の名前で登録した三つのブックメーカーのアカウントを通じて、ラグビーの1163試合に関連して363件の賭博を行ったことが発覚。そのうち24件は、ウェールズ代表が出場するなど「関係していた大会」で行われ、同国選手のトライに賭けていたことも2度あったという。

 WRUはコメント文で、「WRUが規定違反の可能性を認識してすぐさま調査を開始した直後、ハウリー氏は2019年ラグビーW杯が開幕する前にウェールズ代表の役割から退いた」「処分はW杯の職務から退いた最初の時期である2019年9月16日にさかのぼって適用される。従って2020年6月16日を過ぎれば競技に復帰することができる」と述べた。

 また、現役時代にはウェールズ代表の主将を務めたほか、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ(British and Irish Lions、英国とアイルランドの選抜チーム)のSHとしてプレーしたハウリー氏が、今回の処分を「無条件」で受け入れたことも公表された。同氏には、処分に異議を申し立てる権利がある。

 シックスネーションズ(Six Nations Rugby 2019)王者のウェールズは、ハウリー氏が日本での代表合宿から離脱したことにより、W杯に向けた準備に混乱が生じていたが、大会では準決勝まで勝ち残った。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
・ラグビー南ア主将コリシ、「平和とスポーツ」の賞受賞

These plugins are quite interesting.

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source