フィジー代表スター、所属クラブが解雇 W杯日本大会後に復帰遅れ

This is one fancy extension!!

2019年12月7日 15:48 発信地:パリ/フランス

【12月7日 AFP】ラグビーフランスリーグ・トップ14のラシン92(Racing 92)は6日、フィジー代表のLOレオネ・ナカラワ(Leone Nakarawa)について、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)後に休暇を取った後、クラブへの合流が2週間遅れたことを理由に解雇したと発表した。

 ラシンはコメント文を発表し、「今回の決断は、レオネ・ナカラワが2019年10月28日に再開が予定されていた練習に姿を見せないという規律違反が認められたため」と説明すると、31歳の同選手が母国へ帰国中に「クラブから送信されたメールへの返信を拒否した」ことも付け加えた。

 また、ナカラワが「勝手に決めた復帰の日」を「既成事実としてクラブに提出し、11月3日のスタッド・フランセ(Stade Francais)戦と同17日のヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ(2019-20 European Rugby Champions Cup)第1節のサラセンズ(Saracens)戦を意図的に欠場した」ことも明かされた。

 ナカラワが「自分の役割を放棄」したのは今回が初めてではないといい、クラブは「これは

I love add-ons, because they are the fancy!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source