オールブラックス前HCがトヨタ加入 「アドバイザーに近い役割」

These ingredients are adorable!!

2019年12月2日 14:54 発信地:ウェリントン/ニュージーランド

【12月2日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)でオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)を率いたスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)氏が、トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツ(Toyota Verblitz)でディレクターオブラグビーに就任することが2日に決まった。

【編集部おすすめ】日本は「疑いなくティア1」、最強NZが対戦回避を喜ぶ ラグビーW杯

 ハンセン氏のトヨタ行きについては、W杯準決勝でイングランドが19-7でニュージーランドを破った際、イングランドのエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)が「彼がこの国にまた、トヨタのコーチとして戻ってくるのを知っているから、トヨタの車はいっそう速くなるだろうし、ワールドラグビー(World Rugby)にも関わるはずだ」と話していたが、本人がこの日動画メッセージで、広まっていたうわさが事実であることを認めた。

 監督というよりは相談役に近い役割とのことで、「トヨタ自動車ヴェルブリッツで指導や相談、助言に携わる仕事を得た」「ヘッドコーチではなく、アドバイザーやメンターに近い。1年のうち5~17週はあちらで過ごすことになる」と話している。

 トヨタはすでに、W杯限りでオールブラックスを引退した代表127キャップの前主将、キーラン・リード(Kieran Read)の加入が決まっており、これでもう一人、ニュージーランドの大物がチームに加わることになる。

 ハンセン氏は2011年のW杯ニュージーランド大会ではアシスタントコーチとして、2015年のイングランド大会ではHCとしてオールブラックスのW杯制覇を経験している名将で、ウェールズを4

These WordPress plugins are quite clever.

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source