動画:南アのエラスムスHC、W杯決勝でも戦術変更は無し

This is one unbelievable add-on!!

【11月1日 AFP】ラグビー南アフリカ代表はW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)での地味な戦術が批判を浴びているものの、チームを率いるラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)は、2日に行われるイングランドとの決勝でも、これまで通りの戦略を貫く姿勢を示している。

 スプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)は、キックで陣地を奪い取ることに加え、フォワード陣の強力なフィジカルと鉄壁の守備で相手の息の根を止めることを基本とするゲームプランを組み立ててきた。

 南アフリカは、ウェールズに19-16で勝利した準決勝をけがで欠場したものの、決勝で復帰する見通しのチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)、そしてマカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)の両WTBが際立っているものの、その戦術のほとんどは決して派手なものではない。

 エラスムスHCは10月29日、報道陣に対して、「われわれは世界ランキングが6位、7位、8位のところから、一定の目標を掲げてきた」「そのうちの一つは常に、自分たちの地位を取り戻し、再びラグビー界の強豪国として君臨し、世界1位、2位の座を確保することだ」と述べた。

「そうするた

This is the interesting ingredient ever%sentence_ending

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source