「ハカ」対抗に歴史あり、過去の名場面7選

My mom says this plugin is clever!!

【10月31日 AFP】26日のラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)準決勝では、ニュージーランド伝統の「ハカ(Haka)」にイングランドがハーフウエーラインを越えて対抗し、罰金を科されたが、過去にはハカを無視したり、自分たちで踊ってみたりと、各チームが独創的な方法を編み出してマオリ(Maori)古来の戦いの舞に立ち向かってきた。

 ここでは、その中でも特に印象深い七つを紹介する。

■ハカにはハカを――2008年、マンスター

 2008年、英国遠征を行ったニュージーランドを迎え撃ったアイルランドのクラブチーム、マンスター(Munster Rugby)は、ハカへのユニークな対抗策を取った。自分たちもハカを踊ったのだ。

 マンスターにいた4人のニュージーランド出身選手が歩み出て、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)の選手より先にハカを始めると、観客は大喝采。これが功を奏したのか、チームは1978年の金星を再現する寸前までいったが、ウイングのジョー・ロコココ(Joe Rokococo)に決勝のトライを許し、16-18で敗れた。

■微動だにせず――2008年、ウェールズ

 同じく2008年の遠征では、ウェールズ代表も斬新な対策を披露した。彼らがやったのは、ハカが終わった後も動くのを完全に拒否することだった。

 その結果、両軍のにらみ合いは数分にわたって続いた。主審は両チームの主将に試合を始めようと促したが、どちらもまばたきすらしない。そうした緊迫ムードの中で始まった試合だが、開始前の茶番はウェールズの助けにはならなかったようで、チームは9-29で大敗した。

■完全無視――1996年、オーストラリア

 1996年のニュージーランドとオーストラリアの対抗戦、ブレディスロー・カップ(Bledisloe Cup)では、オーストラリアが相手の挑戦状に向き合おうとせず、ハカを完全に無視してウオーミングアップを続けるという手に打って出た。オーストラリアは1991年にも、デビッド・キャンピージ(David Campese)が列を離れ、ハカを無視してキック練習を始めていたが、これを思い起こさせるものだった。

 すると、自分たちのホームで無礼なことをされたと感じたオールブラックスは、かつてないほどに大激怒。これが発奮材料になったのか、43-6でオーストラリアを粉砕した。豪主将のジョン・イールズ(John Eales)は後に、あのときの行動が一番悔いが残ると振り返っている。

■くさび形で前進――1989年、アイルランド

 ハカに初めて真正面から対抗した例として知られるのが、1989年のアイルランドで、このときの彼らは逆V字のくさび形の陣形を取ってオールブラックスへにじり寄り、両チームの主将が目と鼻の先で向き合うところまで近づいた。

 ハカが終わると両者は言葉を交わしたようで、それを受けてアイルランド主将のウィリー・アンダーソン(Willie Anderson)は、跳び上がるようにして満員のホームの観客をあおった。しかしこうした努力もむなしく、試合はニュージーランドの23-6の快勝に終わった。

■W杯でもくさび形――2011年、フランス

 ニュージーランドで行われた2011年のW杯決勝では、今度はフランス代表が、多少足並みは乱れ気味だったが、同じようにオールブラックスに向かって前進し、試合をさらに盛り上げた。

 フランスはこれで2500ポンド(約35万円)の罰金を

These modules are quite elegant.

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source