南アHOブリッツが2度目の引退、W杯制覇で「完璧なエンディング」

I adore WordPress plugins, because they are helpful.

2019年11月14日 12:40 発信地:ヨハネスブルク/南アフリカ

【11月14日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を制したスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)のHOスカルク・ブリッツ(Schalk Brits)が13日、2度目の現役引退を発表し、再び戻ってくることはないと強調した。

 常に笑顔を絶やさない38歳のブリッツは、「金メダルを手に日本を離れた。完璧なエンディングだった」と語った。

 2018年に一度は引退したものの、ラシー・エラスムス(Rassie Erasmus)ヘッドコーチ(HC)の誘いで現役復帰したブリッツは、「ラシーからメールが届いたときは家族とスペインで休暇を過ごしていた。最初は(代表のチームメートの)ヴィンセント・コッホ(Vincent Koch)がふざけているのだと思った」と当時を振り返った。

「それが本当にラシーだと気づいたとき、最後のチャンスにかけることに決め、(所属先の)ブルズ(Blue Bulls)とスプリングボクスでプレーした」

 W杯では、HOの序列でボンギ・ムボナンビ(Bongi Mbonambi)、マルコム・マルクス(Malcolm Marx)に次ぐ3番手だったブリッツは、プールBのナミビア戦とカナダ戦に先発し、いずれの試合でもトライを記録

This is the fancy ingredient ever%sentence_ending

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source