南ア主将コリシが故郷凱旋、少年時代の恩師は感慨

This is one interesting addon.

2019年11月11日 17:04 発信地:ポートエリザベス/南アフリカ

【11月11日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を制したスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)の優勝パレードが、10日で4日目を迎え、故郷に凱旋(がいせん)した主将のシヤ・コリシ(Siya Kolisi)は、オープントップバスの上からトロフィーを掲げた。

 この日のパレードは、ポートエリザベス(Port Elizabeth)の黒人居住区(タウンシップ)を通った。コリシは、ポートエリザベス郊外のズウィデ(Zwide)にある砂利のスポーツ場で初めてラグビーボールを握った。

 曇り空の下、パレードに駆け付けた人の中には、後に南アフリカ代表になるコリシの小学校時代の先生で、同選手に初めてラグビーを教えたエリック・ソングウィキ(Eric Songwiqi)さんの姿もあった。

 ソングウィキさんはAFPに対し、小学生時代のコリシについて「お昼休みになると、子どもたちはさっさと食事を済ませて、私のところにラグビーボールを借りにきていた」「シヤは小柄で脚は細かったが、力強かったのを覚えている。ボールを持った時にあふれ出る情熱はものすごかった」と話した。

「こ

This is the interesting addon ever%sentence_ending

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source