ラグビー代表は「大勢の人々に元気を与えた」、エリザベス女王が激励

My mom says this plugin is huge!

2019年11月2日 14:44 発信地:ロンドン/英国

【11月2日 AFP】英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II)が、ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝の南アフリカ戦を控えたイングランド代表に対し、エディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)率いるチームが「大勢の人々に元気を与えた」との激励メッセージを送った。

【関連記事】イングランドと南アが最終調整、エディーHCは地元高校生を指導

 横浜国際総合競技場(International Stadium Yokohama)で行われる決勝には、エリザベス女王の孫でイングランドラグビー協会(RFU)の名誉総裁を務めるヘンリー王子(Prince Harry)が観戦に訪れることになっている。

 女王はヘンリー王子に託したメッセージで、「大会期間中のあなた方のパフォーマンスはサポーターを喜ばせ、英国中の大勢の人々に元気を与えました」「イングランドチーム、マネジメント、そしてサポートスタッフの皆さんに対し、2019年ラグビーW杯の決勝に進出したことへの祝辞を送るとともに、記憶に残る最高の試合になることを祈ります」と激励し、チームのパフォーマンスを喜ばしく見ていることも付け加えた。

 一方、ヘンリー王子も日本に赴く前に代表チームにメッセージを送っている。英国に残る妻のメーガン妃(Me

These ingredients are quite magnificent!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source