ペップ監督、ラグビーW杯終了後にエディーHCとの意見交換を切望

This is one glamorous extension!

2019年11月2日 17:05 発信地:マンチェスター/英国

【11月2日 AFP】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は1日、ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)終了後に、イングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)ヘッドコーチ(HC)をチームに招待すると伝えていることを明らかにした。

 スペイン出身のグアルディオラ監督は、2日に行われるイングランド対南アフリカの決勝をテレビ観戦する計画を立てている。その直後にはサウサンプトン(Southampton FC)とのリーグ戦に頭を切り替える必要があるものの、ジョーンズHCと意見交換をすることを強く望んでいる。

 オーストラリア出身のジョーンズHCは、グアルディオラ監督がドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)の指揮を執っていたとき、ドイツを訪問してチーム練習を間近に見学したことがあり、イングランドが決勝進出を果たした今回のW杯でも、同監督からチームの指導方法に関して大きな影響を受けたと公言していた。

 グアルディオラ監督は報道陣に対して、「エディーとは1、2回ほど話したことがある。とても親切だった。彼と会えたのはうれしかった」「ラグビーのいくつかの動きに関して話した。私はラグビーの大ファンで

This is the clever item ever%sentence_ending

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source