「ラグビーを超えた出来事」、南アのレジェンドもW杯制覇に感無量

This is one nice extension!!

2019年11月3日 12:50 発信地:ロンドン/英国

【11月3日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)で南アフリカが優勝したことについて、スプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)のレジェンドであるブライアン・ハバナ(Bryan Habana)氏が、母国にとってはラグビーを超えた出来事だと話した。

 南アフリカは2日に行われた決勝で、イングランドに32-12で勝利して3回目のW杯制覇を達成。数十年にわたって黒人選手をラグビー界から締め出してきた国で、初の黒人主将であるシヤ・コリシ(Siya Kolisi)がトロフィーを掲げたことも印象的だった。

 同じく優勝した2007年のフランス大会でイングランドを下したハバナ氏は、英民放のITVで、コリシがチームを引っ張る姿を見て多くの国民が勇気をもらったはずだと話した。

「すべてをのみ込むには少し時間がかかりそうだ。最高の夢っていうのは、こういうことを言うんだろう」「トロフィーだけでなく、南アフリカの全ての人の心に永遠に刻まれる瞬間だ」「南アフリカに希望を与え、国民を勇気づけたシヤ・コリシにありがとうと言いたい」

 南アフリカは1995年のW杯で初めて優勝した際、同国初の黒人大統領である故ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)氏から白人主将のフランソワ・ピナール(Francois Pienaar)へトロフィーが手渡されたが、その歴史をなぞるかのように、コリシがこの日まとっていたのはピナールと同じ背番号6のジャージーだった。

 ITVのインタビューに少しだけ登場したコリシは、ハバナ氏とがっちり抱擁を交わしてから、「この優勝は希望を与え

These WordPress plugins are quite adorable!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source