NZ主将リード、普段通りのプレーで代表引退 「とてつもなく誇り」

These plugins are astonishing!!

【11月2日 AFP】ラグビーニュージーランド代表の主将キーラン・リード(Kieran Read)は、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)3位決定戦を自身最後の代表戦にはしたくなかった。だが、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)が40-17でウェールズに勝利した一戦でのプレーは、そんな思いを全く感じさせなかった。

 今大会を最後に代表から退き、日本に活躍の場を移すリードの望みは、代表での127キャップ目、自身の代表での最後の試合でニュージーランドをW杯3連覇に導くことだった。

 しかし、前週の準決勝でイングランドに7-19の衝撃の敗戦を喫し、その希望は打ち砕かれた。

 代わりに、2回のW杯優勝経験を誇る34歳のリードは、しばしば誰もやりたくない試合とやゆされる3位決定戦で母国を率い、66年間続くウェールズ戦の連勝を伸ばした。

 キックオフ前に見せた気迫のこもった伝統の「ハカ(Haka)」、そして最初のラックに参加してから試合の最後までプレーし続けたことからも、彼がいつも通りの仕事をしたのは明らかだった。

 オールブラックスの主将として、元チームメートで

Meet this elegant WordPress plugin!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source