南アフリカが3度目の優勝、イングランドを撃破 ラグビーW杯

These components are magnificent.

【11月2日 AFP】ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)は2日、決勝が行われ、南アフリカが32-12でイングランドを下し、3度目の優勝を果たした。

 南アフリカは屈強なフォワード陣を軸にしてSOハンドレ・ポラード(Handre Pollard)が6本のペナルティーを決めると、66分にWTBマカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)がトライ。さらに、74分にはWTBチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)のトライでダメを押した。

 これでスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)は、W杯決勝の舞台で3戦全勝。1995年、2007年に続き、12年の間隔で再び栄冠に輝いた。また、前回王者ニュージー

These addons are quite nice!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source