ウェールズ、NZ戦は「特別なこと成し遂げるチャンス」 ラグビーW杯3決

I love plug-ins, because they are huge!!

【10月30日 AFP】ラグビーウェールズ代表のウォーレン・ガトランド(Warren Gatland)ヘッドコーチ(HC)は30日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)3位決定戦のニュージーランド戦に向けたメンバーを発表し、準決勝から9人の先発選手を変更した。

 ウェールズに4度のシックスネーションズ(Six Nations Rugby)優勝をもたらし、2008年と2012年、2019年には同大会で全勝優勝(グランドスラム)を果たしたガトランドHCは、「大一番に臨むことができず、がっかりしている」と認めた。「これは最も望まない一戦」「だが、勝てれば非常に大きな一勝になるだろう」

 ガトランドHCがウェールズを率いるようになってから、チームは150試合のテストマッチをこなし、85勝63敗2分けという成績を収めている。

 しかし、自身の母国であるニュージーランドとは過去11戦全敗となっているガトランドHCは「この一戦で全力を尽くし、後でじっくりと振り返る。われわれにとってはチャンス」と語った。「落ち込んで投げ出すのは簡単だが、試合に臨み、特別なことを成し遂げる機会がわれわれにはある」

 ニュージーランドとウェールズによる3位決定戦は来月1日に行われ、準決勝に勝利したイングランドと南アフリカは同2日の決勝で激突する。

 ニュージーランド戦に臨むウェールズの登録メンバーは以下の通り。

先発メンバー:ハラム・エーモス(Hallam Amos)、オーウェン・レーン(Owen Lane)、ジョナサン・デイビス(Jonathan Davies)、オーウェン・ワトキン(Owen Watkin)、ジョシュ・アダムス(Josh Adams)、リース・パッチェル(Rhys Patchell)、トモス・ウィリアムズ(Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source