W杯8強の大躍進、日本ラグビーに待つ明るい未来

This is one elegant WordPress plugin.

【11月25日 AFP】日本代表が、史上初のベスト8に躍進したラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)。かつて強豪国のかませ犬でしかなかった日本は、今回の快進撃を通じて世界と真剣勝負ができるチームであることを示し、今はこの成功を次につなげようとしている。

 W杯開催国の日本は、突破のオッズが50対1という下馬評を見事に覆し、プールステージ4戦全勝を達成。その途上では、欧州6か国対抗戦シックスネーションズ(Six Nations)にも参加している強豪アイルランドとスコットランドを撃破し、史上初めて決勝トーナメントに進出した。

 準々決勝では後に大会を制覇する南アフリカに3-26で完敗したものの、アジアのチームでは初、ティア2国では2007年のフィジー以来のベスト8入りという、ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)ヘッドコーチ(HC)が率いるブレイブブロッサムズ(Brave Blossoms、日本代表の愛称)の快挙が色あせることはない。

 日本はエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)前HCに率いられていた4年前にも、南アフリカ相手に34-32の金星を挙げるなどプールステージ3勝を記録し、ジョーンズ前HC自身がかつて「ネタ枠」と語ったチームとしては大健闘と言える成績を残したが、その盛り上がりをラグビー人気定着につなげられなかった。

 そのため日本ラグビーの関係者は、そのときの二の舞いは絶対に避け、野球がスポーツシーンの主役の日本で生まれたラグビーブームを生かさなくてはならないと決意を燃やしている。

 日本大会の組織委員会で、事務総長特別補佐を務めた徳増浩司(Koji Tokumasu)氏は、「どうせお客は入らないだろうし、日本もぼこぼこにやられるんだから、W杯をここでやったってしょうがないじゃないかって言われましたよ」「だけど次から次へと奇跡みたいなことが起こって、今では日本はもっとトライネーションズ(南半球の強豪3か国)やシックスネーションズ相手に武者修行すべきだという話がいろいろなところから聞こえる」と話している。

 日本人にはミーハーなところがあると言われる。サッカー元イングランド代表のスター選手、デビッド・ベッカム(David Beckham)氏の人気がピークだった頃には、チョコレートで作った等身大のベッカム像が東京に姿を見せたし、今回のW杯でも、もともと知名度の高かったオールブラックス(All Bl

This is the smart item ever%sentence_ending

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source