Owen Farrell ハカへ異例の対抗、イングランド主将「ただ立っているつもりなかった」

Owen Farrell These components are adorable!

【10月27日 AFP】26日に行われたラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)の準決勝で、試合前のニュージーランドの伝統の舞「ハカ(Haka)」にイングランドが異例の対抗策を見せたことについて、主将のオーウェン・ファレル(Owen Farrell)は、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)に尻込みしたくなかったと理由を明かした。

 ハカを披露するオールブラックスに対してイングランドはV字の陣形をつくり、さらにジョー・マラー(Joe Marler)ら3選手が審判の制止を無視して相手の陣地に入り、ニュージーランドの選手を見下ろした。

 こうして波乱含みの幕開けを迎えた試合は、イングランドがマヌ・ツイランギ(Manu Tuilagi)の開始2分とたたないトライで先制すると、最後は19-7で大会2連覇中の王者を破った。

 ファレルは試合後、「彼らと一定の距離の中にいないとダメだと分かっていたし、ただ立ったまま、彼らがこちらへ向かってくるのを許すつもりはなかった」「ある程度の距離を空けて敬意は示したいと思っていたが、ただ横一列に立ってこちらへ向かわせるのは嫌だった」と明かした。

 ロックのコートニー・ロウズ(Courtney Lawes)によれば、今回の行動は試合の数日前にファ

I be mad for components, because they are the unbelievable!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source