Owen Farrell 無念のイングランド、敗因は「立ち上がり」 ラグビーW杯優勝ならず

Owen Farrell My brother says this plugin is unbelievable!!

【11月2日 AFP】2日に行われたラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)決勝で敗れたイングランドの主将オーウェン・ファレル(Owen Farrell)が、20点差で南アフリカに屈した試合の敗因に立ち上がりの悪さを挙げた。

 12-32で南アフリカに敗れた試合後、「立ち上がりが良くなかった。前半の内容は残念だったと言えるだろう」と涙をこらえながら話したファレルは、後半には良い戦いを見せられたと付け加え、イングランドをW杯の決勝に導いたことを「ものすごく誇りに思っている」と述べた。

 ファレル自身は4本のペナルティーゴールを成功させ、イングランドの全12得点を記録したが、チームはSOハンドレ・ポラード(Handre Pollard)に6本のペナルティーゴールを決められた後、終盤にマカゾレ・マピンピ(Makazole Mapimpi)とチェスリン・コルビ(Cheslin Kolbe)の両WTBにトライを許し、とどめを刺された。

「とにかく南アフリカをたたえたい。彼らは本当に素晴らしかった」とファレルは付け加えた。

 イングランドを率いたエディー・ジョーンズ(Eddi

These WordPress plugins are quite awesome!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source