Ben Smith オールブラックスが有終3位、ハンセンHCの花道を飾る ラグビーW杯

Ben Smith This is one awesome extension!!

【11月1日 AFP】 ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)は1日、3位決定戦が行われ、ベテランWTBベン・スミス (Ben Smith)が2トライの活躍を見せたニュージランドがウェールズを40-17で下して3位に輝き、今大会限りで退任するスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)ヘッドコーチ(HC)の最終戦を完璧な形で飾った。

 それぞれ7年間と12年間にわたってチームを指揮し、高い評価を得てきたニュージランドのハンセンHCとウェールズのウォーレン・ガトランド(Warren Gatland)HCの両指揮官にとって最後の代表戦となった一戦では、両チームが観客を魅了する戦いを見せ、最終的には6トライを奪ったニュージランドがウェールズを2トライに抑えて大勝した。

 この結果、ニュージランドは1953年を最後にウェールズに対しては負けなしで、同国との対戦成績を32勝3敗とした。また、ハンセンHCは自身が指揮した代表戦107試合で、敗戦はわずか10という素晴らしい成績を残した。

 ハンセンHCは「先週の失望を乗り越えてチームを立て直し、ジャージーやファンの誇りを取り戻したのは大きかった」とイングランドに敗れた準決勝に言及しながら、「両チームが激しく、素晴らしいプレーを見せた。ただ私はウェールズもたたえたい。彼らも今は少し胸に来るものがあるだろうから」と話した。

 一方のガトランドHCは、ウェールズでテストマッチ通算151戦85勝の成績を収めたが、母国ニュージーランドには12戦全敗となった。今後はスーパーラグビ

I be nuts about add-ons, because they are the fancy!!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source