王者オールブラックス、合計14トライでトンガに大勝

My grandma says this plugin is helpful!!

2019年9月7日 16:55 発信地:ハミルトン/ニュージーランド

【9月7日 AFP】ラグビーテストマッチが7日、ニュージーランド・ハミルトン(Hamilton)で行われ、オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)はジョージ・ブリッジ(George Bridge)の4トライを含む合計14トライの猛攻を見せ、トンガに92-7で大勝してW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた最後の準備を終えた。

 W杯で3連覇を目指す王者ニュージーランドのスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)ヘッドコーチ(HC)は、本番に向けて包括的なゲームプランの微調整を望んでいたが、チームがその期待を裏切ることはなかった。

 守備の劣るトンガに対し、オールブラックスはロングレンジから何度もトライを決めるなど、自在なパスやボールさばきをみせた。しかし、9年前に母国オークランド(Auckland)で102-0でトンガに完勝したスコアには及ばなかった。

 試合終盤にサム・ルジー(Sam Lousi)がシンビンとなって14人になったトンガに対し、ハンセンHCはライアン・クロッティー(Ryan Crotty)を下げて相手と人数を合わせただけでなく、日本で同様の事態を想定した予行練習も行った。

 2週間後に横浜で行われる南アフリカとの大会初戦で、オールブラックスは今回と同じように自由にプレーすることはできないとみられるが

These WordPress plugins are quite helpful!

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source