日本が南ア戦メンバー発表、W杯本大会を見据えた位置づけ強調

This is another beautiful module!

【9月4日 AFP】ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)ヘッドコーチ(HC)は4日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた壮行試合として6日に行われる南アフリカ戦に向けた登録メンバーを発表した。首を負傷しているベテランの堀江翔太(Shota Horie)が外れた一方で強力なメンバーをそろえ、恐れるものはないと意気込んでいる。

 最後に両国が対戦したのは、34-32で日本が金星を挙げた2015年W杯イングランド大会(Rugby World Cup 2015)。この時の雪辱に燃えるスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)は、熊谷での一戦に向けてフルメンバーをそろえている。

 日本としては初のW杯8強を目標に掲げているジョセフHCは、「W杯ではフィジカル面の戦いとなる」「それが南アフリカと試合をしたかった理由の一つでもある。彼らは徐々に調子を上げ、昨年はオールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表)に勝利し、今年も引き分けている」と話した。

「準備の最終段階だが、必勝の試合ではない。次の試合(W杯初戦のロシア戦)が必勝だ。南アフリカ戦で問われるのは出来。自分たちのプレーができれば、勝つチャンスは出てくる。それが自分たちのやりたいことだ」

 南アフリカとの壮行試合に臨む日本の登録メンバーは以下の通り。

先発:ウィリアム・トゥポウ(William Tupou)、松島幸太朗(Kotaro Matsushima)、ラファエレティモシー(Timothy Lafaele)、中村亮土(Ryoto Nakamura)、福岡堅樹(Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source