凸版印刷、RWC2019大会で使用したPC端末のリサイクルを支援

This is one awesome constituent!

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 麿 秀晴、以下凸版印刷)は、「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」における「印刷サービス」カテゴリーのトーナメントサプライヤーとして、4年に一度行われるラグビー界で世界最高峰の大会を支援しています。このたび、支援の一環として、データ適正消去実行証明協議会(会長:荻原紀男、以下ADEC:エーデック)※1と連携し、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会(以下、組織委員会)が大会イベント運営に使用したPC端末約400台を対象に、端末に保存された個人情報データなどを適正に消去し「データ適正消去実行証明書」を発行するサービスを提供します。

 近年、各方面で省資源化を推進している中で、PCなどのIT機器もリユース・リサイクルが行われています。情報漏洩の防止のため、それらのIT機器は破壊処理を行うか、リサイクル事業者やコンピュータ販売店などでデータを消去し、再利用が行われています。しかし、データ消去の方法やプロセスに統一の規格がないため、データ消去の不備などにより大きな事故が発生する危険性を秘めています。そのためデータを適正に消去することは大きな課題となっています。
 この課題を解決するため凸版印刷は、データ適正消去実行証明協議会(ADEC)に2017年に参画。データの適正な消去のあり方を調査・研究し、その技術的な基準を策定するとともに、これに基づいてデータの適正消去が実行されたことを証明するための第三者による証明制度の普及・啓発の活動を行っています。今後は、スマートデバイス、モデムやルータ等のIoT機器にも「データ適正消去実行証明書」を発行する範囲を拡大し、安心安全な循環型IT社会の実現に寄与するとともに、「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」の大会運営を支援します。

※1 データ適正消去実行証明協議会(ADEC)
事業内容:データの適正な消去のあり方を調査・研究し、その技術的

This is the clever item ever%sentence_ending

Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source