3連覇目指すNZがラグビーW杯メンバー発表、ソニー・ビル3度目の選出

This is another adorable addon.

2019年8月28日 15:37 発信地:オークランド/ニュージーランド

【8月28日 AFP】ラグビーニュージーランド代表は28日、W杯日本大会(Rugby World Cup 2019)に向けた代表メンバー31人を発表し、CTBソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams)が3大会連続のメンバー入りを果たした一方で、ベテランPRのオーウェン・フランクス(Owen Franks)はまさかの落選となった。

 またスティーブ・ハンセン(Steve Hansen)ヘッドコーチ(HC)は、苦しんでいるバックスのベン・スミス(Ben Smith)への信頼を変えず、逆に突破力のあるCTBヌガニ・ラウマペ(Ngani Laumape)に代表の椅子は与えなかった。

 ソニー・ビルの他には主将のキーラン・リード(Kieran Read)とサム・ホワイトロック(Sam Whitelock)も、前人未到のW杯3連覇、通算4度目の優勝が懸かる日本大会へ向けて、順当に3大会連続のメンバー入りを果たしている。

 他には9人が前回イングランド大会(Rugby World Cup 2015)の栄冠を経験している選手で、19人が初めてのW杯メンバー入りとなった。それでも、衰えを知らないリードの代表121試合出場を筆頭に、メンバーの総キャップ数はテストマッチ1195試合に達する。

 ハンセンHCは、W杯3連覇は「とてつもないチャレンジ」と話し、「難しい目標、厳しい大会になることは分かっているが、プレッシャーに立ち向かうのを楽しみにしている」と続けた。

 代表最年長となる34歳のソニービルは、今季はけがに悩まされていたが、オーストラリアに36-0で圧勝した8月の試合でHCを納得させるプレーを披露した。逆に代表108キャップを誇るフランクスは、プロップに機動力と前への推進力を求めるハンセンHCの基準を満たせなかった。

 センター勢では、アントン・リエナートブラウン(Anton Lienert-Brown)やジャック・グッドヒュー(Jack Goodhue)、ベテランのライアン・クロッティー(Ryan Crotty)がソニー・ビルとともにメンバー入りを果たした一方、ボールを持ち運ぶパワーのあるラウマペは残念な落選となった。

 司令塔タイプではリッチー・モウンガ(Richie Mo’unga)とボーデン・バレット(Beauden Barrett)が順当に選出され、ハンセンHCは相手のラッシュディフェンスへの対策として、二人をSOとFBで同時起用する新しい戦術を続けるとみられる。

 両ウイングには、リコ・イオアネ(Rieko Ioane)、セブ・リース(Sevu Reece)、ジョージ・ブリッジ(George Bridge)といった得点力のある面々だけでなく、万能なジョーディー・バレット(Read full article at the Original Source

Copyright for syndicated content belongs to the Linked Source